【グリーンマックス】東京メトロ 日比谷線13000系 2017年12月発売

東京メトロ13000系(Photo by:Nyohoho)

【2017年12月14日更新】12月18日出荷。店頭販売は2〜4日後。
【2017年11月16日更新】発売が12月中旬に延期となりました。
【2017年9月10日更新】発売日が11月下旬になりました。

「東京メトロ13000系」が、グリーンマックスより発売されます。

おすすめポイント
 東京メトロ日比谷線の新型車両を完全新規金型で製品化
シンボルマーク・コミュニケーションマーク・車椅子マーク・ベビーカーマークは印刷済み

東京メトロ13000系について

東京メトロ13000系(Photo by:Nyohoho

東京メトロ13000系は、2017年3月より日比谷線で営業運転を開始した日比谷線の新型車両としては29年ぶりの新型車両です

日比谷線は開業当初より18mでの運転でしたが、2016年度から4年計画でドア数が混在する直通車両のすべてを20m級4ドア車両に統一することが2014年に発表されました。

車体はアルミ合金の無塗装としたダブルスキン構造としており、車椅子マークなどのピクトグラムを車体デザインと一体化したデザインが施されています。

歴代の3000系や03系の系譜を踏襲しながらも、近未来的な形状アレンジを加え、カラーリングは路線イメージを意識した配色とし、これまでのデザインを一新した車両となりました。

ライトはLEDが使用され、前照灯と尾灯はつなげて全体的に「コの字」の形状に配置されています。

今後、2020年度までの間に7両編成44本(308両)を順次導入され、03系8両編成42本(336両)全車を置き換えることになっています。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30680 NEW
東京メトロ13000系(日比谷線)
7両編成セット(動力付き)
 amazon     楽天
34,000円 2017年11月
2017年11月下旬
2017年12月中旬
12月18日メーカー出荷
(店頭販売は2日〜4日後)

詳細情報

  • 東京メトロ日比谷線の新型車両を完全新規金型で製品化
  • 前面行先方向幕とヘッドライトは白色点灯
  • コアレスモーター搭載で製品化
  • 前面方向幕は印刷済み「16S H01 中目黒」
  • 車両番号は印刷済み。
  • シンボルマーク・コミュニケーションマーク・車椅子マーク・ベビーカーマークは印刷済み
  • 列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付。
  • 前面行先方向幕・ヘッドライト点灯(白色LED)、テールライト点灯(赤色LED)※ ライトのON/OFFスイッチ無し。
  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット

試作品情報

GREENMAX公式ページ

GREENMAX公式サイト「商品概要」

▶︎東京メトロ13000系

GM通信

2017年8月28日 【試作品情報】東京メトロ13000系

2017年12月14日 新世代日比谷線の開始

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。