【グリーンマックス】103系(瀬戸内色・E07編成)2019年1月発売

【2018年12月27日更新】1月10日に出荷決定(店頭販売は2日〜4日後)
【2018年9月23日更新】2019年1月に発売延期

GREENMAX(GM)から「103系(瀬戸内色・E07編成)」が発売されます。

おすすめポイント
 広島地区各線で活躍していた103系瀬戸内色がコアレス動力で再登場!
瀬戸内色で最後まで残っていたE07編成を製品化

103系(瀬戸内色・E07編成)について

103系は、国鉄初の新性能通勤車101系を手本とし、より経済性を重視した設計の基で製造された汎用通勤型電車で、1963年から3400両あまりが造られました。

東京首都圏や大阪近畿圏を中心に通勤輸送の花形として、半世紀にわたって活躍してきました。

国鉄の分割に伴ってJR北海道とJR四国を除くJR各社に引き継がれ、JR西日本に継承された103系はその後各種改造工事が行なわれ、戸袋窓の閉鎖、スカートの取り付けなど形態上の大きな変化が特徴です。

広島地区では瀬戸内色と いわれるクリーム地に紺のラインの姿で活躍していました。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30256 NEW 
JR103系(関西形・瀬戸内色・E07編成)
4両編成セット(動力付き)
      
 amazon     楽天 
 
 Joshin(楽天)  あみあみ
20,000円 2018年12月
2019年1月
2019年1月10日出荷
(店頭販売は2日〜4日後)

詳細情報

  • 瀬戸内色で最後まで残っていたE07編成を製品化します。
  • フライホイール付きコアレスモーターを搭載した動力ユニットによる安定した走行が楽しめます。
  • 車両番号、JRマーク、エンド表記、ATS表記、所属表記、モハの側面ルーバーは印刷済み
  • 方向幕(側面)、運行番号(編成番号)、優先席は付属ステッカー選択式
  • ヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)が点灯
  • 列車無線アンテナ、信号炎管、避雷器はユーザー取付け
  • 瀬戸内色編成の台車・スカート・床下機器をグレーで再現
  • 貫通扉形状及び中間車の黒サッシ窓サイズと形状が実車と異なる

GREENMAXのポスター

GREENMAX公式サイト

商品概要

▶︎JR西日本103系関西形

GM通信

2018年8月2日 中国地区を走行した103系

2018年12月27日 JR103系 岡山色・瀬戸内色

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。