【グリーンマックス】西武鉄道 新2000系(前期形・新宿線)2019年6月発売

西武鉄道 新2000系(Photo by: 七之輔 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

GREENMAX(GM)から「西武鉄道 新2000系(前期形・新宿線)」が発売されます。

おすすめポイント
 前期形のうち前面貫通扉窓が拡大されたグループを製品化
 今回は、8両固定・シングルアームパンタグラフ搭載の新2000系前期形を再現

西武鉄道 新2000系(前期形・新宿線)について

西武鉄道 新2000系(Photo by: 七之輔 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

西武新2000系は、2000系のモデルチェンジ車として1988年に登場した車両で、2両固定編成~8両固定編成まで様々なバリエーションがあり、2000系各グループとの併結による長編成の運用が見られます。2000系初期車との違いは、戸袋窓が復活し側面窓の天地寸法が拡大され1枚下降式となっています。前期形は当初新宿線に投入され、その後前面スカートの取付、一部車両のパンタグラフ撤去及びシングルアームパンタグラフへの交換、ベンチレータ撤去などが行なわれています。その後に製造された後期形とは、大きさの異なる側面窓が特徴です。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30834 NEW 
西武新2000系前期形(新宿線・2057編成・シングルアームパンタ車)
8両編成セット(動力付き)

 amazon     楽天  Yahoo!

31,500円 2019年6月
30836 NEW 
西武新2000系前期形(新宿線・2453編成・ベンチレータ撤去後)
増結用先頭車2両セット(動力無し)

 amazon     楽天  
Yahoo!
10,500円

詳細情報

共通仕様

  • 前期形のうち前面貫通扉窓が拡大されたグループを製品化!
  • 前面方向幕(種別・行先)、車両番号、社紋、シンボルマーク(西武鉄道)を印刷済み 
  • 前面貫通扉窓、戸袋窓、客扉窓の大きさや形状など前期形の特徴を再現
  • 避雷器、ランボードは一体彫刻表現、列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
  • 走行中はヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)が点灯(ライトスイッチ付き)

基本セット

  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットにより、安定した走行が実現
  • シングルアームパンタグラフ(PT71C)搭載

増結セット

  • 他の動力付きセットと組合わせて楽しむ商品です。
  • 菱形パンタグラフ(PT42N)搭載

【鉄コレ】西武鉄道 新101系ワンマン車(赤電色)2019年3月発売

2018.11.17

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。