【KATO】(HO)タキ1000 2017年11月再生産

タキ1000(Photo by:Alt_winmaerik)

【2017年11月24日更新】11月30日に発売が決まりました。

2017年11月に「(HO)タキ1000 」が、KATOより再生産されます。

おすすめポイント
異径胴の車体形状を忠実に再現
ENEOSマーク付で下部の社名が消えて白地となったタキ1000を再現。また、エコレールマークを新規に再現。

「タキ1000」について

タキ1000(Photo by:Alt_winmaerik)

タキ1000形は、タキ43000形の後継機種として平成5年(1993)に登場しました。現在は、日本オイルターミナル㈱と日本石油輸送㈱に所属して幹線の高速タンカー列車として活躍しています。

KATOは、ENEOSマーク下部が社名変更(新日本石油からJX日光日石エネルギー)に伴って白地となった姿で、現行バージョンのタキ1000 日本石油輸送色(ENEOSマーク・エコレールマーク付)を製品化。最近のタンク貨車にはお馴染みのエコレールマークが今回新たに付きます。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
1-824 再生産
(HO)タキ1000 日本石油輸送色(ENEOS・エコレールマーク付)

 amazon     楽天
3,700円 2017年11月
2017年11月下旬
2017年11月30日

詳細情報

  • プラ成形技術の特長を活かした異径胴の車体形状を忠実に再現
  • 複雑なパイピングやエアタンク、手すりや台枠などを、実車に迫る細密なディテールで再現
  • グリーンとグレーのツートンカラーの車体色が特徴の日本石油輸送色を美しく再現
  • ENEOSマーク付で下部の社名が消えて白地となったタキ1000を再現。また、エコレールマークを新規に再現
  • 各種パーツは取り付け済
  • 立体感あふれるFT21台車と、「実際に回転するコロ軸受部」の再現により、リアルな走行シーンを再現。
  • 編成最後尾についたときに付けられるレフレクター(反射板〉・パーツを付属。実車同様に着脱が可能
  • 車体表記をリアルに再現。車体ナンバーはレタリングシートによる選択式
  • 付属部品・車体ナンバーレタリングシート・反射板
  • (HO)KATOナックルカプラー装備
  • 実車同様に小径車輪を採用 

KATO公式ページ

(HO)タキ1000

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。