【KATO】(HO)EF510形500番台(JR貨物・JR東日本 北斗星色) 2018年1月発売

EF510形500番台 JR貨物(青)(Photo by:223keisinkaisokuhimejiyuki)

【2018年1月18日更新】1月26日に発売決定
【2017年9月28日更新】2018年1月に発売が延期となりました。

KATOより、HOゲージの「EF510形500番台(JR貨物・JR東日本 北斗星色)」が発売されます。

おすすめポイント
 JR貨物への売却後、カラーリングも変更されたEF510形500番台(青)をHOゲージで製品化
 JR東日本北斗星色は、印刷済ナンバープレート(515号機)を変更して再生産

EF510形500番台(JR貨物・JR東日本 北斗星色)について

EF510形500番台 JR貨物(青)(Photo by:223keisinkaisokuhimejiyuki

EF510形電気機関車は、JR貨物が保有している交直流電気機関車です。

2016年までは、JR東日本も500番台を15機保有していましたが、「北斗星」「カシオペア」の運行終了などの影響もあり、全機JR貨物へ売却されました

15機のうち、501〜508・511〜515号機の13機は、青い車体に流星をあしらい金色の帯を巻いた「北斗星色」塗装で落成しました。

JR貨物への売却後、カラーリングも変更され、元の北斗星色から流れ星のデザインを除いたカラーリングとなり、青い車体に入る金帯がアクセントになっています。

現在は日本海縦貫線のコンテナ列車を輸送していて、各色のEF510と共に活躍を続けています。

商品情報

 

 

[再生産]EF510 500 北斗星色 ※画像は前バージョンの501号機

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
1-314 再生産 
EF510 500 北斗星色(515号機)

 amazon     楽天
12,800円 2017年12月
2018年1月
2018年1月下旬
2018年1月26日
1-315 NEW
EF510 500 JR貨物色(青) 

 amazon     楽天
12,800円

詳細情報

共通仕様

  • 動力装置は台車動力ユニット方式。コアレスモーター搭載で、パワフルな動力性能を発揮。
  • 単機での最小通過半径360mmを実現。テーブル上でも手軽に走行が可能。
  • 急曲線での連結走行は、別売予定の台車マウントカプラー(機関車・客車用)を装着することによって可能。
  • ヘッドライトは電球色LEDで前進時に点灯。
  • テールライトは、列車無線アンテナ形の切換スイッチでモード選択。3モードの点灯状態が再現可能。
    ・「走行モード」・・・列車牽引時の非点灯モード。
    ・「単機回送モード」・・・単機回送時の後端左右点灯モード。
    ・「入換モード」・・・入換走行時の両端 片側点灯モードが選択可能。
  • DCCサウンドデコーダ搭載を考慮し、実物の質感と音抜けを兼ね備えた、シースルー側面エアフィルターを装着。
  • 車体内にはDCCデコーダ、サウンド対応のスピーカーの搭載スペースを確保。
  • 金属製のシングルアームパンタグラフ FPS5パンタグラフを的確に再現。
  • 屋根配線は金属線の採用で実感的に、高圧碍子は緑で絶縁グリスの塗布を表現。
  • ユーザー取り付けパーツを極力削減。箱から取り出せば、すぐに走行を楽しめる、「READY TO RUN」仕様
  • クイックヘッドマークは北斗星色と、カシオペア色に付属。

EF510 500 北斗星色(515号機)

  • 北斗星色は、再生産の期に、実車の動向に合わせて検査標記や印刷済ナンバープレート(515号機)を変更
  • ナンバーは「EF510 515」が印刷済。

EF510 500 JR貨物色(青)

  • 変更された保安装置表記、流れ星が省略された車体塗色など、JR貨物機として活躍する姿を的確に再現。
  • ナンバーは「EF510 504」が印刷済

KATO公式ページ

▶︎(HO)EF510形500番台(JR貨物・JR東日本 北斗星色)

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。