【KATO】(HO)キハ110系 200番台 2018年5月発売

キハ110系200番台(Photo by:DY5W-sport/ Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)

カトーより、「(HO)キハ110系 200番台」が発売されます。

おすすめポイント
 雨トイが乗務員扉まで延長された高崎車両センター高崎支所所属車がプロトタイプ
 R370に対応したJR東日本管内の各地で活躍しているキハ110を製品化

キハ110系 200番台について

キハ110系200番台(Photo by:DY5W-sport / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0

キハ110形(キハ110・111・112形)は、JR東日本のローカル線での輸送サービス改善を図るため開発・投入されたキハ100系気動車の一員で、使用線区の状況に応じて車体長や運転台のバリエーションを増やし、活躍範囲を広げつつ各線区の輸送を担っています。

キハ110系200番台は、客扉が引戸式となった他、安全対策として運転台部分の構造変更により車端部がそれぞれ25cmづつ延長され、車体長が20.5mとなっています。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
1-615 NEW 
(HO)キハ110 200番台(M) 
 amazon     楽天
16,500円 2018年5月
3-521 NEW 
(HO)キハ110 200番台(M+T) 2両セット
 amazon     楽天
27,500円

詳細情報

  • 小スペースでお楽しみいただける、R370に対応したJR東日本管内の各地で活躍しているキハ110を製品化。
  • 新世代の車両に見られる、凹凸の少ないシンプルな姿を再現しつつ、細部のディティールをボディやガラスと一体にすることで、模型として扱いやすくしてあります。HOゲージ初心者でも手軽に始められるのでお勧めです。
  • モダンな外観は都会的な情景にもマッチするオールマイティな車両です。単行で遊べる1両セットと、モーター車とトレーラー車の2両編成で楽しめる2両セット、組み合わせて実車同様の3両編成の再現も可能です。
  • 同時発売予定の22-204-8 サウンドカード<キハ110系>と合わせてリアルな音と動きを運転でお楽しみいただけます。
  • 平成8年製の3次ロット車の、全長が20.5m、雨トイが乗務員扉まで延長された高崎車両センター高崎支所所属車がプロトタイプ。
  • 手スリ類とワイパーは、ボディ及び前面ガラスに彫込みの一体式で表現。
  • 車両のトイレ側の前面は貫通ホロ装備、反対側はホロ受けの状態で再現。
  • 屋根上の機器類も極力一体化することで、パーツ取付の手間を解消。
  • ヘッド/テールライト・前面表示点灯(消灯スイッチ付)。ライトユニットは電球色LEDを採用。
  • カプラーは伸縮密連形カプラーを採用。電気連結器表現のある胴受が付属。
  • 車体表記印刷済。前面表示は印刷済。側面行先表示・サボ類のシールが付属。
  • 車番・所属表記を変更するときのためのレタリングシートが付属。

KATO公式サイト

▶︎(HO)キハ110系200番台

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。