【KATO】(HO)EF65形 2000番台 後期形(JR貨物2次更新色)2018年8月発売

EF65形2000番台(Photo by: Planetary / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なります

【2018年7月26日更新】8月2日に発売決定
【2018年7月12日更新】2018年8月に発売延期

カトーより、「EF65形 2000番台 後期形(JR貨物2次更新色)」が発売されます。

おすすめポイント
 赤ナンバープレートのEF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色を製品化
 現役のJR貨物所属EF65 1000番台のうち、パンタグラフがPS22となった、1056号機以降の後期形をプロトタイプ

EF65形 2000番台について

EF65形2000番台(Photo by: Planetary / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なります

JR貨物新鶴見機関区に所属し、貨物輸送用の牽引機として活躍するEF65 2000番台は、2012年の省令改正に伴い旅客社所属の1000番台と区別するため、元の番号に+1000とする改番を受けたグループで、空気ブレーキの常用減圧促進改造を受けた、赤ナンバープレートがプロトタイプです。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
1-316 NEW 
(HO)EF65 2000番台
後期形 JR貨物2次更新色 

 amazon     楽天
20,000円 2018年7月
2018年8月
2018年8月2日

詳細情報

  • 赤ナンバープレートのEF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色を製品化。
  • EF65-1000後期形JR貨物色(特別保全延命工事車両)に施された、ブルー+ホワイトの車体塗色、イエローに塗装された側面のドアなどを美しく忠実に再現。
  • プロトタイプは、現役のJR貨物所属EF65 1000番台のうち、パンタグラフがPS22となった、1056号機以降の後期形を選定。
  • 後期形の特徴である屋根上の足の長い踏み板をシースルー化し、リアルに再現。避雷器はLA17形。
  • 屋根上のGPSアンテナは装備した姿と撤去した姿のいずれも再現可能。
  • スノープロウは着脱可能。車上子保護板のみの姿も再現可能。
  • 車体表記を現行の仕様でリアルかつ忠実に再現。
  • 各窓部のHゴムは黒色で再現。
  • 運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)。
  • 小穴ボックス輪芯付き動輪を再現。
  • ヘッドライト 点灯。
  • フライホイール搭載動力ユニット採用で、安定した走りを実現。
  • DCC対応(NMRA8ピンプラグ付デコーダー搭載用)
  • ナンバープレート:「2080」「2083」「2086」「2090」 メーカーズプレート:「川重・富士」
  • 付属品:GPSアンテナ、レタリングシート、メーカーズプレート、手すり、ワイパー、屋根上機器

わかりやすいツイート!

KATO公式サイト

▶︎(HO)EF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。