【KATO】115系1000番台(長野色) 2017年9月発売

115系1000番台長野色(Photo by:Lover of Romance / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0-migrated)※画像の車両は商品とは仕様が異なります

【2017年8月31日更新】9月5日(火)に発売決定

2017年9月に「115系1000番台(長野色)」が、KATOより発売されます。

おすすめポイント
 新金型でフルリニューアル
 基本セットがN15編成、増結セットがN13編成で再現
 10月に発売されるEF63と連結させて、碓氷峠後期を再現可能

「115系1000番台(長野色)」について

115系1000番台長野色(Photo by:Lover of Romance)

通称「横軽」が廃止されて本年20年目にあたり、KATOでは今まで昭和50年代の「碓氷峠越え」の国鉄時代を製品化していた既存製品に対して、今回は末期と言えるJR時代の115系1000番台を現行の仕様にフルリニューアルして発売します。

外観は115系1000番台の特徴であるシールドビーム・ユニット窓・冷房装置搭載(準備)・シートピッチ拡大車のために一部の窓配置が異なるほか、雪切室の設置など耐寒耐雪装備を強化。

また平成4年(1992)以降順次爽やかな塗色に変更され長野色と言われた塗色はファンからの人気も高く、現在も信州エリアで活躍いている211系に引き継がれています。

製品は列車無線アンテナ取付、循環式汚物処理装置、側面方向幕、ステンレスキセのAU75Gクーラーなど既存製品とは異なる仕様となっています。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-1428 NEW 115系1000番台 長野色 3両基本セット 11,000円 2017年9月5日
10-1429 NEW 115系1000番台 長野色 3両増結セット 7,600円

詳細情報

  • プロトタイプは長野総合車両所所属のN13及びN15編成。平成6~9年(1994~1997)頃、横軽区間でEF63との連結運転を行っていた末期を設定時期に、冷房改造、循環式汚物処理装置取付、側面方向幕使用、列車無線アンテナ取付で製品化。
  • 全先頭車とも先頭部連結可能、ヘッド/テールライト・前面表示幕点灯(消灯SW付)。
  • 電球色LEDを採用。
  • 冷房装置はステンレスキセのAU75G、パンタグラフはPS23、長野所属車の特徴として側面の行先サボは無い状態を再現。
  • ジャンパ栓(ユーザー付部品)はKE76の形状を新規製作。
  • フォギーグレーをベースに窓周りをアドバンスブルー、リフレッシュグリーンのストライプを巻いた爽やかな塗色を忠実に再現。
  • 動力車はトラクションタイヤ付で設定。
  • 前面表示は「普通(紺地に白字)」、側面表示は「長野行」を印刷済。
  • 行先表示シール付属。
  • 基本セット(6両ブックケース)に増結セットを収納できます。

KATO公式ページ

115系1000番台 長野色

購入者のベストツイート

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。