【KATO】119系 /クモユニ147 飯田線 2018年7月発売

119系(Photo by:Toshinori baba / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像は復刻塗装となった車両です。商品と仕様は異なります。

【2018年7月19日更新】7月26日に発売決定
【2018年6月21日更新】2018年7月に発売延期

カトーより、「119系 /クモユニ147 飯田線」が発売されます。

おすすめポイント
 119系は、2両セットと、様々な編成の再現に役立つ3両セットで製品化
 昭和58~60年頃の豊橋機関区所属時の姿を再現

119系 /クモユニ147 飯田線について

119系(Photo by:Toshinori baba / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0※画像は復刻塗装となった車両です。商品と仕様は異なります。

飯田線で活躍していた旧形国電たちの後を引き継ぐ形で1982年に登場した119系電車は、飯田線の短い駅間や多数の勾配区間、冬場の厳しい寒さや長大路線故の乗客の長い乗車時間などの条件に適した構造の新性能電車です。

天竜川にちなんだ青22号のボディに灰色9号の帯を巻いた姿は、飯田線専用の車体塗色で、旧形国電のあとの飯田線を語る上では欠かせない車両です。

119系と共に活躍した郵便荷物電車、クモユニ147は、主に119系との併結で運転されたため、車体の塗装も119系に合わせたものになりました。飯田線のみでの運用が前提とされたため、前面のスカートやタイフォンカバーといった耐雪装備を省略しているのが特徴です。

商品情報

 

 

119系飯田線

クモユニ147

119系飯田線 + クモユニ147

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-1486 NEW 
119系 飯田線 2両セット
 amazon     楽天
8,800円 2018年6月
2018年7月
2018年7月26日
10-1487 NEW 
119系 飯田線 3両セット
 amazon     楽天
13,600円
4870-1 NEW 
クモユニ147 飯田線
 amazon     楽天
3,300円

詳細情報

119系 飯田線

  • 119系は、2両セットと、様々な編成の再現に役立つ3両セットで製品化。多客時の5両編成や、クモユニ147荷物電車が併結された混結編成を再現できます。
  • 昭和58~60年頃の豊橋機関区所属のオリジナル形態がプロトタイプ。
  • 裾絞りの無い2800mm幅国電には珍しい、窓柱が太い近郊形に特有な窓見付を的確に再現。
  • 前面の特徴的なホロ受の形状を再現。クハ118は前面ホロ取付済。
  • 屋根上のベンチレータは別パーツで再現。
  • 前面助士席側にある運番表示器を再現。
  • 乗務員扉・客引戸の靴ズリは銀色で表現。
  • 形式表記のほか保安装置表記、シルバーシート表記などを印刷済。
  • 各車ともヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。電球色LEDを採用。
  • カプラーはボディマウント密連形(フックなし)を採用。
  • フライホイール付動力ユニットで安定した走行を実現。トラクションタイヤ無。
  • 行先表示シール付属。前面表示は無地のものが取付済、交換用部品としても付属。前面表示:「豊橋」「豊橋⇔豊川」「本長篠」「中部天竜」「天竜峡」「飯田」「伊那松島」「駒ヶ根」「辰野」「岡谷「上諏訪」、側面行先表示:「豊橋」「豊橋⇔豊川」「本長篠」「中部天竜」「天竜峡」「飯田」「伊那松島」「駒ヶ根」「辰野」「岡谷「上諏訪」
  • 3両セットのブックケースには、2両セットとクモユニ147の収納が可能。

 クモユニ147 飯田線

  • 昭和58~60年(1983~1985)頃の、豊橋機関区所属で飯田線で運用されていた頃の姿がプロトタイプ。
  • 乗務員扉が並び、側窓が少ない郵便(荷物)車特有の側面の窓配置を忠実に再現。
  • 奥まった荷物室扉と、そこに回り込んだ帯を再現。
  • パンタグラフはPS23を装備。
  • 雨トイは実車同様、119系の雨トイと同じ高さで再現。
  • 乗務員扉・荷物室扉の靴ズリは銀色で再現。
  • 保安装置表記印刷済。
  • 各部のHゴムはグレーで再現。
  • 両端ともヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。電球色LEDを採用。
  • 前面表示は「普通(紺地に白文字)」を印刷済。

試作品情報

試作品 クハ119

試作品 クモユニ147

わかりやすいツイート!

KATO公式サイト

▶︎119系 / クモユニ147 飯田線

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。