【KATO】285系〈サンライズエクスプレス〉2019年5月発売

285系 サンライズエクスプレス(Photo by: kazusan / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0-migrated)

カトーより、「285系0番台<サンライズエクスプレス>」が発売されます。

おすすめポイント
 平成25年(2013)以降実施されたリニューアル後の姿を製品化
モハネ285はパンタグラフが2基に増設された姿を再現

285系0番台<サンライズエクスプレス>について

285系 サンライズエクスプレス(Photo by: kazusan / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0-migrated

285系〈サンライズエクスプレス〉は平成10年(1998)に登場した特急形寝台電車です。東京ー岡山間では「サンライズ出雲」(東京~出雲市)7両と「サンライズ瀬戸」(東京~高松)7両を併結して、14両編成で運転されています。基本性能は同じながら、JR西日本の0番台、JR東海の3000番台では、車体表記や床下機器の違いがあります。平成25年(2013)以降にパンタグラフの増設、客ドアステップ拡大などのリニューアルが行われました。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-1564 NEW 
285系0番台<サンライズエクスプレス>
(パンタグラフ増設編成)7両セット

 amazon     楽天  Joshin(楽天)
20,500円 2019年5月
10-1565 NEW 
285系3000番台<サンライズエクスプレス>
(パンタグラフ増設編成) 7両セット

 amazon     楽天  Joshin(楽天)
20,500円
11-221 NEW 
LED室内灯クリア 285系用 7両分入
 amazon     楽天  Joshin(楽天)
4,400円

詳細情報

  • 平成25年(2013)以降実施されたリニューアル後の姿を製品化。0番台はI3編成、3000番台はI5編成がプロトタイプ。既存製品と異なる編成を選定。
  • モハネ285はパンタグラフが2基に増設された姿を再現。また、モハネ285-200・3200は東芝製の床下機器が搭載された形態を新規パーツで再現。
  • WPS28シングルアーム式パンタグラフ採用。
  • ドアスイッチを再現。各車側面乗降扉ステップは黄色の警戒色で表現。
  • 先頭車先頭部の連結器はボディマウント密連カプラー(フック無)を新採用。2段の電連、連結器カバーを再現したパーツを付属。
  • 中間連結部はジャンパ管付KATOカプラー密連形PAT.採用。
  • 中間連結部の車端下部に、台車取付部品として285系専用の床下機器を装備。
  • クーラーや抵抗器などの屋根上機器類を細密に表現。
  • 定評ある動力ユニット(フライホイール非搭載)採用で、安定した走行を実現。
  • 先頭車のサンライズマークを美しく表現。
  • 車体表記をJR西日本仕様(0番台)とJR東海仕様(3000番台)とでそれぞれ異なる書体で再現。
  • ヘッド/テールライト点灯(消灯スイッチ付)。ヘッドライトの点灯パターンを、実車に応じて外側のヘッドライトはシールドビーム(電球色)、内側のライトはフォグライト(黄色)、色味の違いを再現。
  • 現行仕様の行先表示シールを新規制作。

KATO公式サイト

▶︎285系<サンライズエクスプレス>(パンタグラフ増設編成)

最安値を探す!

created by Rinker
カトー(KATO)
¥3,320 (2019/01/21 02:24:59時点 Amazon調べ-詳細)

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。