【マイクロエース】相模鉄道6000系(新旧混在編成) 2017年10月頃発売

相鉄6000系

【2017年10月13日更新】10月18日(水)問屋着予定。店頭販売は1日〜3日後。

「相模鉄道6000系(新旧混在編成)」が、マイクロエースより発売されます。

おすすめポイント
新塗装ライトグリーン時代の新旧6000系混結編成を製品化 

相模鉄道6000系(新旧混在編成)について

相模鉄道では初の20m級新性能車となる6000系を増備していましたが、1970(昭和45)年にモデルチェンジした新6000系を登場させました。

1974(昭和49)年までの4年間に70両が製造された新6000系は、相鉄で初めて車体幅2930mmの広幅車体が採用され、前面は高運転台式でヘッドライトが左右に配置されました。

登場当初はダークグリーンとグレーのツートンに赤帯の入った「旧塗装」で、冷房装置が取付けられていませんでしたが、1971(昭和46)年に登場した6711編成からは冷房装置が装備されて落成しました。

1978(昭和53)年12月までに全ての6000系はライトグリーンの新標準色に塗装変更され、旧塗装は消滅しました。

商品情報

 

 

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
A3273 NEW
相鉄・新6000系+旧6000系・冷改 8両セット

 amazon     楽天
38,500円 (目安)2017年10月頃
10月18日問屋着
(店頭販売は1日〜3日後)

詳細情報

  • ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用
  • フライホイール付動力ユニット搭載
  • クハ:新6000系幅広車体
  • モハ:旧6000系幅狭車体
  • 昭和54年7月末~56年10月末頃、新塗装ライトグリーン時代の新旧6000系混結編成を製品化
  • 先頭車は幅広車体の新6000系、中間車は幅狭車体の旧6000系
  • クハ6530の前面ジャンパ栓はホース付きの部品を採用
  • 付属品:シール

ベストツイート

MICRO ACE公式ページ

相鉄・新6000系+旧6000系・冷改 8両セット

予約・購入ならココがおトク

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。