【鉄コレ】名鉄6000系(1次車)三河線 2018年4月発売

6000系1次車(Photo by:Tennen-Gas / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)

【2018年4月20日更新】4月26日に発売決定

鉄道コレクションから「名鉄6000系(1次車)」が発売されます。

おすすめポイント
 大きな側面窓と小窓の客扉が特徴の6000系1次車を製品化
 方向幕・種別幕シール付属

名鉄6000系(1次車)について

6000系1次車(Photo by:Tennen-Gas / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0

名古屋鉄道は名鉄名古屋駅を中心に、愛知・岐阜県内に広範な路線網を有する大手私鉄で、6000系は1976年から登場した名鉄を代表する通勤型車両です。

長期にわたる増備の間に形態が変化してしており、1次車は大きな側面窓と小窓の客扉が特徴で、また前面貫通扉が一段窪んでいるのが特徴となっています。

4両編成6本が製造され、うち6001~6005編成は三河線のワンマン対応工事を施され三河線を中心に活躍しておりますが、運用により本線・犬山線・常滑線などの急行・準急運用などにも活躍しています。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
288541 NEW 
名古屋鉄道6000系1次車三河線 4両セット
 amazon     楽天
6,000円 2018年4月
2018年4月26日
259626 再生産 
動力ユニット  19m級A TM-12R 
 amazon     楽天
3,400円
259848 再生産 
走行用パーツセット TT-04R
(車輪径5.6MM 2両分:グレー) 
 
 amazon     楽天
1,000円
0250 再生産 
パンタグラフ PT-4212-S(2個入)  
 amazon     楽天
500円

詳細情報

  • 今回の製品は1次車三河線ワンマン化対応編成の、現在活躍中の姿をモデルに製品化
  • 方向幕「普通:知立」印刷予定
  • 方向幕・種別幕シール付属予定
  • 動力はTM-12R(19m級A)、走行化パーツはTT-04R、パンタグラフは<0250>PT-4212-Sが対応しております
  • 展示用台座は付属しません

トミーテック公式ページ

▶︎名古屋鉄道6000系1次車三河線

試作品情報

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2018

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。