【鉄コレ】限定品 小田急電鉄 2300形(登場時)2018年2月発売

【2018年1月25日更新】2月2日に発売決定&試作品画像が公開

鉄道コレクションから「小田急電鉄 2300形(登場時)」が発売されます。

おすすめポイント
 SE登場前に暫定的な特急増備車両として活躍した4両編成の「ロマンスカー」を製品化
 幾度もの改造されましたが、今回は登場時の姿を再現

小田急電鉄 2300形(登場時)について

小田急電鉄2300形

小田急電鉄2300形は1955年に登場した、特急としては初となる静粛性の高いカルダン駆動を搭載した4両編成の「ロマンスカー」です。

当時、小田急電鉄では新型特急車両(SE車)の開発を進めていましたが、箱根への観光を目的とした特急利用客の増加に伴い、SE車完成までの間の暫定的な特急増備車両として2300形の開発に着手しました。

デビュー後は「はこね」「あしのこ」をはじめとした通常特急としての運用の他、臨時運行の納涼ビール電車「すずかぜ」や「いそかぜ」としても運用し、2年後のSE車登場以降も主力特急車両として活躍しました。

その後、デビューから4年後となる1959年のSE車(第4編成)登場を期に、特急の補完運用を行う準特急車両として改造され、さらに、1963年のNSE車登場以降においては準特急の運用からも外れ、通勤車両として再度改造されました。

特急車両としては異例の短さ(4年間)で役目を終えた2300形ですが、通勤車への格下げ以降も2200形や2400形との連結運用車両として活躍し、1982年に小田急電鉄での現役生活に幕を下ろしました。

ロマンスカーの名声を一段と盛り上げた車両として、また、幾度もの改造を経て種々様々な運用を歩んだ車両として、その活躍ぶりは今でも語り継がれています。

商品情報

 

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
NEW 
小田急電鉄 2300形(登場時)4両セット
6,000円 2018年2月
2018年2月2日

販売方法

  1.  「TRAINS」各店舗(新宿店・和泉多摩川店・ネットショップ)
    ネットショップは、2月2日(金)AM10時よりご注文開始、2月6日(火)以降、お申込み順に発送
    ▶︎小田急グッズショップ「TRAINS」
  2. 2月2日〜4日から開催される「ヨコハマ模型フェスタ2018」の会場

    ▶︎「ヨコハマ模型フェスタ2018」について -鉄道ブログ-

詳細情報

  • 【セット内容】❶デハ2304〈先頭車) ❷デハ2303(中間車) ❸デハ2302(中間車) ❹デハ2301(先頭車)
  • ディスプレイ用台座 付属
  • ヘッドマークシール・動力用台車枠 付属
  • 動力ユニットは付属していません。
  • お一人様につき2個までの購入とさせていただきます。

小田急グッズショップTRAINS

「小田急グッズショップTRAINSのつぶやき。」で告知されました

▶︎小田急グッズショップTRAINSのつぶやき。

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。