【KATO】683系 サンダーバード(リニューアル車)2019年7月再生産

683系0番台(Photo by:ヴォルフ / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

【2019年7月11日更新】7月17日に発売決定
【2019年6月20日更新】2019年7月に発売延期

カトーより、「683系 サンダーバード(リニューアル車)」が再生産となります。

おすすめポイント
 人気の683系サンダーバードのリニューアル車を再生産
 現行の吹田総合車両所京都支所所属のV35+W36編成がプロトタイプ

683系 サンダーバード(リニューアル車)について

683系0番台(Photo by:ヴォルフ / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

北陸新幹線の開業後、関西と北陸を結ぶ683系特急形電車のリニューアル工事が実施されました。内装の改善に併せて塗色やシンボルマークのデザインも変更され、従来のイメージを残しつつもメリハリの効いた外観が特徴的です。3両付属編成から遅れたものの本年7月に6両基本編成のリニューアル車も登場し、注目されていた非貫通形先頭車のクロ683もお目見えとなりました。9両編成が出揃い、更なる活躍が期待されています。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-1391 再生産 
683系「サンダーバード」(リニューアル車) 6両基本セット
 amazon     楽天  Yahoo!
16,400円 2019年6月
 2019年7月
2019年7月17日
10-1392 再生産 
683系「サンダーバード」(リニューアル車) 3両増結セット
 amazon     楽天  Yahoo!
8,000円

詳細情報

  • 北陸新幹線E7・W7系や223系等と合わせれば、アーバンネットワークから北陸エリアを結ぶ現在のJR西日本の世界をNゲージで再現することができます。既存の681・683系や289系と揃えて同系列の車両コレクションの充実も楽しみのひとつです。
  • 従来車のイメージを残しつつも強調された窓回りの黒帯や、前面にも追加の上、太さを増した青帯、精悍さを増したシンボルマーク等を的確に再現。
  • 実車のシートモケット変更に合わせて内装のイスの色を変更。普通車を青、グリーン車を茶色で設定。
  • 現行の吹田総合車両所京都支所所属のV35+W36編成がプロトタイプ。
  • ライトユニットのLEDは電球色を設定。クモハ683、クハ683はヘッド/テールライトの消灯スイッチ付(クハ682はライトユニット非装備)。
  • KATOカプラー密連形PAT.(ボディマウント)標準装備、また中間先頭車運転台側には KATOカプラー伸縮密連形PAT.標準装備。
  • 付属シールには「サンダーバード」の他に「ダイナスター」「能登かがり火」も収録。
  • 避雷器やアンテナ類をはじめとする屋根上機器を別付パーツとして的確に再現。

KATO公式サイト

▶︎683系「サンダーバード」(リニューアル車)

最安値を探す!

created by Rinker
カトー(KATO)
¥13,130 (2019/12/08 19:14:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カトー(KATO)
¥6,380 (2019/12/08 19:14:29時点 Amazon調べ-詳細)

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。