【グリーンマックス】阪急電鉄6000系「今津南・北線」 2018年1月発売

阪急6000系(Photo by:Sakamoto hiei)

【2018年1月13日更新】1月18日(木)出荷予定。店頭販売は2日〜4日後。

グリーンマックスから「阪急電鉄6000系 今津南・北線」が発売されます。

おすすめポイント
 今津線で活躍している6000系を3両編成・6両編成で製品化
コアレスモーター搭載・ヘッドライトを電球色に変更してリニューアル再生産

阪急電鉄6000系について

阪急6000系(Photo by:Sakamoto hiei

6000系は神戸線、宝塚線用として、5100系の電装品に2200系の車体を組み合わせている系列で、1976年(昭和51年)から1980年(昭和55年)にかけて126両が製造され、1985年(昭和60年)に4両が追加製造されました。

登場当時は他の阪急通勤車と同じくマルーン一色でしたが、現在では車体上部にアイボリー塗装を施した新塗装になっています。

数多くの編成バリエーションがあり、神戸線・宝塚線では主に8両編成が運用されていますが、今津北線では3+3両の6両編成が、今津南線・甲陽線では3両編成が活躍をしています。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30229 リニューアル再生産
阪急6000系今津線(今津南線)・甲陽線
3両編成セット(動力付き) 

 amazon     楽天
17,600円 2018年1月
1月18日出荷
(店頭販売は2日〜4日後)
30230 リニューアル再生産 
阪急6000系今津線(今津北線)
6両編成セット(動力付き)

 amazon     楽天
30,600円

詳細情報

  • [3両セット]は、今津南線で活躍中の6000系のうち6010編成をコアレスモーター搭載・ヘッドライトを電球色に変更してリニューアル再生産
  • [6両セット]は、今津北線で活躍中の6000系のうち、6025編成と6026編成をつなげた6両編成をコアレスモーター搭載・ヘッドライトを電球色に変更してリニューアル再生産
  • 編成ごとの形態差を作りわけ
  • 前面方向幕は付属のステッカーによる選択式 側面方向幕は付属のステッカーによる選択式。
  • 車両番号は印刷済み。
  • 前面の渡り板はユーザー取付。
  • ヘッドライト点灯(電球色)、テールライト点灯(赤色)。(中間先頭車除く)
  • ライトのON/OFFスイッチ無し。
  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット

GREENMAXのポスター

GREENMAX公式ページ

商品概要

▶︎阪急電鉄6000系 今津線

GM通信

2018年1月18日 【出荷案内】阪急6000系(今津線)2種

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。