【グリーンマックス】東武鉄道10000型(リニューアル車)2018年4月発売

東武鉄道10000型(Photo by:LERK / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※11802編成ではありません

【2018年4月22日更新】4月26日出荷(店頭販売は2〜4日後)

GREENMAX(GM)から「東武鉄道10000型(リニューアル車)」が発売されます。

おすすめポイント
 10000型リニューアル車に、2連と8連が登場
 小型ベンチレーターが撤去された屋上を専用金型にて再現

東武鉄道10000型 について

東武鉄道10000型(Photo by:LERK / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※11802編成ではありません

東武10000型は、8000系の後継車として1983年から製造された車両で、9000系をベースとしたステンレス製20m車体の地上専用車です。

2両編成・6両編成・8両編成が作られ、それぞれ伊勢崎線(2両編成・6両編成)、東上線(8両編成)に配備されました。

その後東上線の10両化に伴う配置換えを経て、2014年には再び配置換えにより東上線の8両編成と2両編成の各2本が、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)に転属となりました。

この際併せてリニューアル工事が施工されました。

商品情報

基本セット

増結セット

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30711 NEW 
東武10000型リニューアル車
(東武スカイツリーライン・11802編成)
8両編成セット(動力付き)
   
 amazon     楽天
32,800円 2018年4月
2018年4月26日出荷
(店頭販売は2〜4日後)
30712 NEW 
東武10000型リニューアル車
(東武スカイツリーライン・11202編成)
増結用先頭車2両セット(動力無し)
    
 amazon     楽天
10,200円

詳細情報

基本セット

  • 東上線からの転属に併せてリニューアル施工された8両編成を製品化
  • 動力装置は、フライホイール付きコアレスモーターを採用した新動力ユニットを搭載
  • 6両編成とは異なる、ベンチレータなしのパンタグラフ車屋根を新規製作
  • 車両番号、東武グループマークは印刷済み
  • 前面方向幕(種別:区間急行・行先:浅草 フルカラーLED)、乗務員室立入り禁止表記は印刷済み
  • 列車無線アンテナはユーザー取付、ベンチレータは取付済み
  • 床下機器は金型流用のため近似形状
  • 配管付き妻面の梯子は省略、8両編成先頭車前面幌枠表現は金型流用のため近似形状
  • ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)

増結セット

  • 東上線からの転属に併せてリニューアル施工された2両編成を製品化
  • 他の4両編成セット及び6両編成セットと併結するための増結用先頭車2両をセットとして製品化
  • ベンチレータが撤去された、パンタグラフ車の屋根を新規製作
  • 車両番号、東武グループマークは印刷済み
  • 前面方向幕(種別:区間急行・行先:浅草 フルカラーLED)、乗務員室立入り禁止表記は印刷済み
  • 列車無線アンテナはユーザー取付、ベンチレータは取付済み
  • 床下機器は金型流用のため近似形状
  • 配管付き妻面の梯子は省略
  • ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)

試作品情報

わかりやすいツイート!

GREENMAXのポスター

GREENMAX公式サイト

商品概要

▶︎東武鉄道10000型 リニューアル車 基本セット