【KATO】EF65形 1000番台 後期型(JR仕様)2018年5月発売

EF65形1116号機(Photo by:Oka21000 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)

カトーより、「EF65形1000番台 後期型(JR仕様)」が発売されます。

おすすめポイント
 1990年頃、「瀬戸」にラウンジカーが組み込まれた時期の田端運転所所属機を製品化
 メーカーズプレートや車体表記、JRマークを印刷でリアルに再現。

EF65形1000番台 後期型(JR仕様)について

EF65形1116号機(Photo by:Oka21000 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0

EF65形1000番台は、EF65形の高速客貨両用として1969年に登場し、ブルートレインから一般貨物列車まで、全国の直流平坦線電化区間で活躍する日本を代表する機関車です。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
3061-2 NEW 
EF65 1000 後期形(JR仕様)
 amazon     楽天
7,000円 2018年5月

詳細情報

  • KATOは、東海道・山陽本線を走破し、昭和50年代、空前の「ブルトレブーム」を巻き起こしたブルートレイン牽引機、東京機関区の高速客貨両用のEF65 1000 後期形(JR仕様)を製品化いたしました。
  • 昭和52年(1977)以降に登場した後期形がプロトタイプ。
  • 平成2年(1990)頃、「瀬戸」にラウンジカーが組み込まれた時期の田端運転所所属機を製品化。
  • フライホイール付動力ユニットでスムーズな走行を実現。室内灯付客車フル編成を十分に牽引可能。
  • PS22パンタグラフを採用し、屋根上ディテールと精悍な車体を的確に模型化。
  • ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用。
  • メーカーズプレートや車体表記、JRマークを印刷でリアルに再現。
  • アーノルドカプラーを標準装備、交換用ナックルカプラー付属。
  • Hゴムはグレーで再現。
  • 製造銘板は「川重・富士」
  • 選択式ナンバープレート:「1105」「1108」「1112」「1116」
  • クイックヘッドマーク対応。「瀬戸」「踊り子」のヘッドマークが付属。

KATO公式サイト

▶︎EF65 1000 後期形

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。