【グリーンマックス】211系6000番台(GG編成)2020年5月発売

211系5000番台・6000番台(Photo by: toshinori baba / Wikimedia Commons / パブリックドメイン )※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

【2020年5月14日更新】5月19日に出荷決定(店頭販売は2日〜4日後)
【2020年5月8日更新】2020年5月中旬に発売延期
【2020年4月21日更新】2020年5月上旬に発売延期
【2020年2月25日更新】2020年4月下旬に発売繰上

GREENMAX(GM)から「211系6000番台(GG編成)」が発売になります。

おすすめポイント
 6000番台の特徴であるヒューズボックス付きパンタ車屋根、1M車の床下機器、妻面貫通扉窓の大きい車体を新規金型で製作

211系6000番台(GG編成)について

211系5000番台・6000番台(Photo by: toshinori baba / Wikimedia Commons / パブリックドメイン )※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

211系は、国鉄時代の1985年(昭和60年)に登場したステンレス車体の直流近郊型電車で、国鉄分割民営化に伴いJR東日本・JR東海・JR西日本各社に継承されました。その後も各社において使用線区に対応した新たな区分により製造された車両も多く、6000番台は2両編成を組むため213系5000番台のシステムを組合わせた車両です。当初は御殿場線用として投入されましたが、現在は東海道線を中心とした運用で使用されています。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30885 NEW 
JR211系6000番台(GG編成)
基本2両編成セット(動力付き)

 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング

14,600円 2020年5月
2020年4月下旬
2020年5月上旬

2020年5月中旬
2020年5月19日出荷
(店頭販売は2日〜4日後)

30886 NEW 
JR211系6000番台(GG編成)
増結2両編成セット(動力無し)

 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング

11,800円

詳細情報

  • 6000番台の特徴であるヒューズボックス付きパンタ車屋根、1M車の床下機器、妻面貫通扉窓の大きい車体を新規金型で製作
  • 台車はより実車に近い形状のDT50D(クモハ)・TR235(クハ)を取付け
  • 前面行先表示を点灯化(白色)、行先表示は付属ステッカーからの選択式
  • 前面行先表示、側面種別・行先表示は付属ステッカーからお客様の選択により貼付
  • 車両番号、JRマーク、ATS・エンド・所属・定員各表記は印刷済み
  • 列車無線アンテナ、信号炎管、避雷器は一体彫刻表現、ヒューズボックス、前頭部貫通幌はお客様のお取付け
  • 床下機器、台車はダークグレー
  • ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面行先表示(白色)点灯
  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載(No.30885)

試作品情報

GREENMAX公式サイト

▶︎JR211系6000番台

 

最安値を探す!

 

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。