【グリーンマックス】近鉄16000系(新塗装・喫煙室付き)2020年9月以降発売

【2020年5月31日更新】2020年9月以降に発売延期

GREENMAX(GM)から「近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)」が発売になります。

おすすめポイント
 16000系が新塗装となった現在の姿を製品化
 喫煙室設置工事に伴い窓配置が変化した特徴ある車体を再現

近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)について

近鉄16000系は、近鉄南大阪線・吉野線用特急車両として1965年に登場しました。2両固定編成8本・4両固定編成1本が在籍していましたが、後継の16400系ACEや16600系Aceの増備に伴い初期に登場した編成は既に引退しています。16007編成・16009編成は2015年から2016年にかけて喫煙室設置工事が行なわれ、側面窓配置が変化するなどの特徴があります。2016年9月以降近鉄特急の新しい標準色への塗り替えが順次おこなわれました。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30859 NEW 
近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)基本2両編成セット(動力付き)
 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング

16,100円 2020年8月
2020年9月以降
30860 NEW 
近鉄16000系(喫煙室付き・新塗装)増結2両編成セット(動力無し)
 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング

13,200円

詳細情報

  • 喫煙室設置工事に伴い窓配置が変化した特徴ある車体を再現、新塗装となった現在の姿を製品化
  • 編成により異なる臭気抜きの形状の違いを表現
  • 前面種別(特急)・行先(吉野)、車両番号、座席番号表示は印刷済み
  • 走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(電球色)、ヘッドマーク(白色・前進時のみ)が点灯
  • 列車無線アンテナ、ヒューズボックスはお客様取付け、ベンチレーター、臭気抜きは取付済み
  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載により安定した走行が可能(No.30859)

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。