【KATO】京都駅店特製品 EF59形21号機(瀬野機関区)2024年2月再生産

KATO カトー 京都駅 EF59 21タイプ 瀬野機関区

カトーより、「EF59形21号機(瀬野機関区)」が発売となります。

おすすめポイント
特徴的な第2エンド側のゼブラ塗装を再現

EF59形21号機(瀬野機関区)について

EF59形は、昭和38年(1963)から昭和47年(1972)にかけて、EF53形とEF56形から24両が改造され登場した直流形電気機関車です。​山陽本線の瀬野~八本松間にある22.6‰の上り勾配を通過するために、歯車比の変更、重連総括制御装置の取付、車端部へのジャンパ栓、エアホース、連結器自動解錠装置の追加が行われ、列車の最後尾から後押しする後補機として使用されました。2エンド側の車体前面に、視認性向上を目的としてゼブラ塗装が施されているのが外見上の大きな特徴となっています。EF59 21は、昭和44年(1969)に鷹取工場にてEF56 2から改造され使用開始されました。後年のEF67形の増備に伴い、昭和61年(1986)に運用を離脱、昭和62年(1987)に廃車され、現在はJR貨物広島運転所内で保存されています。

商品情報

 

 

KATO カトー 京都駅 EF59 21タイプ 瀬野機関区
品番 商品名 価格
(税込10%)
発売日
NEW 再生産
KATO京都駅店特製品
EF59 21タイプ 瀬野機関区
▶︎KATO京都駅前店
19,360円 【新発売】
2023年12月21日

【再生産】
2024年2月23日

詳細情報

  • 第2エンド側の車体前面にゼブラの塗装を纏い、山陽本線瀬野-八本松間の勾配区間で活躍したEF59を特製品化。
  • 21号機は現在もJR貨物広島運転所内で保存されています。
  • 当特製品は、KATO製品のEF56 1次形(品番:3070-2)をベースに塗装、印刷等の加工を行った特製品となります。​
  • 当特製品の特長(主な加工点)
    ・第2エンド側前面のゼブラ塗装を再現
    ・屋根上を茶色に塗装
    ・側面上部に❙❙の印刷を追加
    ・ナンバープレートはエッチングパーツを利用し切文字タイプで再現(第2エンド側はゼブラ模様も入ります)
    ・区名札「瀬」を印刷
    ・単品ケース入り。(ペーパーインサートは専用デザイン)
  • その他特長(元製品の特長や付属部品など)
    ・スポークの抜けた先輪を採用
    ・スロットレスモーターの採用で、さらにスムースかつ静粛な走行性を実現
    ・アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属

KATO京都駅前店公式サイト

 

【関連商品】京都駅特製品の他ラインナップ!

KATO 京都駅店特製品 EF59形22号機(瀬野機関区)

【KATO】京都駅店特製品 EF59形22号機(瀬野機関区)2023年11月発売

2023年10月26日
KATO カトー キハ58系5500番台タイプ(播但線) 2両セット

【KATO】京都駅店特製品 キハ58系5500番台 播但線 2024年10月発売

2023年9月23日
京都駅店特製品 阪急6300系(京とれいん•6454先頭車)

【KATO】京都駅店特製品 阪急6300系(京とれいん•6454先頭車)2023年9月発売

2023年7月19日
KATO京都駅店特製品 キハ58+キハ28 旧高岡色(城端線)タイプ 2両セット

【KATO】京都駅店特製品 キハ58+キハ28 城端線(旧高岡色)2023年9月発売

2023年8月19日

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。

予約品ランキング(DMM通販)