【TOMIX】209系1000番台(千代田線直通用)2020年8月再生産

209系1000番台(Photo by:LERK / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

【2020年6月1日更新】2020年8月に発売延期
【2020年3月12日更新】2020年6月に再生産決定
【2018年3月22日更新】3月29日に発売決定
【2017年10月11日更新】詳細情報が公開されました。
【2017年9月29日更新】発売が2018年3月になりました。

TOMIXから「209系1000番台 常磐緩行線」が、発売されます。

おすすめポイント
209系の地下鉄乗り入れ仕様を新規製作で再現
 増結セットで10両フル編成が再現可能

209系1000番台 常磐緩行線について

209系1000番台(Photo by:LERK / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

209系1000番代は地下鉄千代田線の増発に伴い1999年に登場した通勤形電車です。209系0番代をベースとし、前面に非常扉を設置するなど地下鉄運用に対応した車両となっています。登場時はパンタグラフが菱形のタイプを装備していましたが、現在はシングルアームパンタに変更されています。

商品情報

基本セット

増結セット

品番 商品名 編成 価格(税抜) 発売日
98277 NEW 再生産
JR 209-1000系通勤電車基本セット
 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング
4両 13,800円 【新発売】
2018年3月29日

【再生産】
2020年6月
2020年8月

98278 NEW 再生産
JR 209-1000系通勤電車増結セット
 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング
6両 12,800円

詳細情報

基本セット

  • 209系の地下鉄乗り入れ仕様を新規製作で再現
  • 本製品(1・5・6・10号車)と<98278>増結セットで10両フル編成が再現可能
  • パンタグラフはシングルアームパンタに変更された姿を再現
  • 屋根はラジオアンテナがない屋根を再現
  • 先頭部スカートは強化型に変更された姿を再現
  • 前面表示部はシール対応
  • 側面ガラスはスモークガラスを再現
  • JRマークは印刷済み
  • 車番は選択式で転写シート付属
  • ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LED点灯
  • フライホイール付動力搭載
  • 新集電システム、黒色車輪採用
  • 【車両】❶クハ209-1000 ❷モハ209-1000(M) ❸モハ208-1000 ❹クハ208-1000
  • 【付属品】❶ランナーパーツ:アンテナ、信号炎管 ❷シール:前面表示部 ❸転写シート:車番等
  • 【パッケージ形態】ブック型プラケース

増結セット

  • 209系の地下鉄乗り入れ仕様を新規製作で再現
  • 本製品(2・3・4・7・8・9号車)と<98277>基本セットで10両フル編成が再現可能
  • パンタグラフはシングルアームパンタに変更された姿を再現
  • 屋根はラジオアンテナがない屋根を再現
  • 側面ガラスはスモークガラスを再現
  • JRマークは印刷済み
  • 車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属のものを使用)
  • 新集電システム、黒色車輪採用
  • 【車両】❶モハ209-1000(T) ❷モハ208-1000 ❸サハ209-1000 ❹サハ209-1000 ❺モハ209-1000(T) ❻モハ208-1000
  • 【パッケージ形態】ブック型プラケース

試作品情報

わかりやすいツイート!

TOMIX公式ページ

▶︎JR 209-1000系通勤電車 基本セット

▶︎JR 209-1000系通勤電車 増結セット

 

最安値で探す!

 

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。