【TOMIX】103系1000番台 常磐・成田線(非冷房車)2020年2月発売

トミックスから「103系1000番台 常磐・成田線(非冷房車)」が、発売されます。

おすすめポイント
 冷房化されてなくエメラルドグリーン1色になった姿を再現
 前面表示部の行先表示は「上野」「取手」「成田」「松戸」付属予定

103系1000番台 常磐・成田線(非冷房車)について

103系は、1963年登場した通勤形電車で3400両以上製造されました。1000番代は、常磐緩行線と地下鉄千代田線直通用に1970年から製造されたグループで、難燃化や前面貫通扉の設置など地下鉄乗入れ対策が施されていました。後継車の203系に地下鉄直通を譲った後、一部105系に改造されるも、多くは常磐快速線に移り、順次エメラルドグリーン1色に姿を変えながら活躍続けました。

商品情報

品番 商品名 編成 価格(税抜) 発売日
98347 NEW 
国鉄 103-1000系通勤電車
(常磐・成田線・非冷房車)基本セット

 amazon     楽天  Yahoo!
4両 16,000円 2020年2月
98348 NEW 
国鉄 103-1000系通勤電車
(常磐・成田線・非冷房車)増結セット

 amazon     楽天  Yahoo!
2両 5,200円

詳細情報

基本セット

  • ハイグレード(HG)仕様
  • 冷房化されてなくエメラルドグリーン1色になった姿を再現
  • クハは奇数車と偶数車を、運転台側のステップ配管パーツ組み合わせとジャンパ栓取付有無で再現
  • 前面表示部の行先表示は「上野」「取手」「成田」「松戸」付属予定
  • 各窓のHゴムはグレーで印刷
  • JRマーク・車番は選択式で転写シート付属
  • ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
  • ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LED点灯
  • 前面表示部はカラープリズム採用で白色に近い色で点灯
  • フライホイール付動力採用
  • 新集電システム、黒色車輪採用
  • TNカプラー(SP)標準装備
  • 【車両】❶クハ103-1000(奇数車) ❷モハ103-1000(M) ❸モハ102-1000 ❹クハ103-1000(偶数車)
  • 【付属品】❶ランナーパーツ:信号炎管・無線アンテナ ❷ランナーパーツ:常磐無線アンテナ ❸ランナーパーツ:前面表示パーツ(行先) ❹ランナーパーツ:前面表示パーツ(運行番号) ❺ランナーパーツ:ジャンパ栓、ホース ❻ランナーパーツ:排障器 ❼パーツ:治具 ❽転写シート:車番
  • 【パッケージ形態】ブック型プラケース

増結セット

  • ハイグレード(HG)仕様
  • 冷房化されてなくエメラルドグリーン1色になった姿を再現
  • 各窓のHゴムはグレーで印刷
  • 車番は選択式で転写シート対応(転写シートは基本セットに付属)
  • 新集電システム、黒色車輪採用
  • TNカプラー(SP)標準装備
  • 【車両】❶モハ103-1000(T) ❷モハ102-1000
  • 【パッケージ形態】ウインド付紙箱

TOMIX公式ページ

▶︎国鉄 103-1000系通勤電車(常磐・成田線・非冷房車)基本セット

▶︎国鉄 103-1000系通勤電車(常磐・成田線・非冷房車)増結セット

最安値を探す!

created by Rinker
トミーテック(TOMYTEC)
¥12,320 (2019/10/16 23:58:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
トミーテック(TOMYTEC)
¥3,990 (2019/10/16 23:58:06時点 Amazon調べ-詳細)

103系1000番台(冷房改造車)は2018年1月に発売!

【TOMIX】103系1000番台 常磐・成田線(冷房改造車) 2018年1月発売

2017.09.15

103系(初期型冷改車)は同時期に再生産!

【TOMIX】103系(初期型冷改車・エメラルドグリーン)2020年2月再生産

2019.09.13

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。