【TOMIX】14系〈リゾート白馬〉2020年6月発売

14系200番台(Photo by:spaceaero2 / Wikimedia Commons / CC-BY-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

トミックスから「14系〈リゾート白馬〉」が、発売されます。

おすすめポイント
 14系14形寝台車の連結された「リゾート白馬」を再現
 トレインマークは「リゾート白馬」印刷済み

14系〈リゾート白馬〉について

14系200番台(Photo by:spaceaero2 / Wikimedia Commons / CC-BY-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

1972年に登場した14系座席車は、12系客車をベースとしながらも、同時期の183系特急形電車に準じた仕様となっており、側窓は大きな二重固定窓とされ、座席は簡易リクライニングシートを備えています。200番代はJR西日本が波動輸送用に改良を施した車両で、座席の変更や大型の荷物置き場の設置を行い、併せて塗装変更が行われました。春季・夏季運行の「リゾート白馬」号は、14系14形寝台車2両を連結した6両編成で運行されていました。

商品情報

品番 商品名 編成 価格(税抜) 発売日
98697 NEW 
JR 14系客車(リゾート白馬)セット 
 Amazon     楽天  Yahoo!
6両 15,500円 2020年6月

詳細情報

  • 14系14形寝台車の連結された「リゾート白馬」を再現
  • オハフ15-200形は青帯の形状が異なる姿を再現
  • スハネフ14・オハネ14を各1両連結した編成で再現
  • オハフ15-200形のトレインマーク部のHゴムは黒色で再現
  • オハネ14・スハネフ14のHゴムは黒色で再現、その他はグレーで再現
  • オハネ14・スハネフ14ははしごパーツを再現し装着済み
  • オハネ14・スハネフ14は洗面所窓が埋められた姿を再現
  • スハフ14・スハネフ14は床下発電エンジンを別パーツで再現
  • トレインマークは「リゾート白馬」印刷済み
  • 機関車用ヘッドマーク「リゾート白馬」付属
  • 車番は選択式で転写シート付属
  • テールライト・トレインマークは常点灯基板装備、スハフ14・スハネフ14はON-OFFスイッチ付
  • テールライト・トレインマークは白色LEDによる点灯
  • 新集電システム、黒色車輪採用
  • 【車両】❶オハフ15-200 ❷オハ14-200(250) ❸オハ14-200(250) ❹スハフ14-200 ❺オハネ14 ❻スハネフ14
  • 【付属品】❶ランナーパーツ:ヘッドマーク ❷パーツ:ジャンパ栓 ❸パーツ:台車枠(カプラー付) ❹転写シート:車番等
  • 【パッケージ形態】ブック型プラケース

TOMIX公式ページ

▶︎JR 14系客車(リゾート白馬)セット

最安値を探す!

【関連商品】前回はムーンライト九州として製品化!

【TOMIX】14系200番台(ムーンライト九州)2018年3月発売

2017.09.21

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。