【TOMIX】12系(高崎車両センター)2020年3月再生産

【2020年3月11日更新】3月20日発売決定

トミックスから「12系(高崎車両センター)」が、再生産となります。

おすすめポイント
 スハフ12の車掌室窓の形状を的確に再現
 SL伴走車「オヤ12-1」もセット

12系(高崎車両センター)について

1969年に登場した12系客車は、けん引機を選ばないため、蒸気機関車や電気機関車、ディーゼル機関車にけん引され、臨時列車や団体列車の波動輸送に使用されました。登場時の1970年に開催された大阪万国博覧会では、大量の観客輸送に活躍しました。JR東日本高崎車両センターに所属の12系客車は各種イベント列車で活躍し、C61-20やEF65-501、EF60-19にけん引されています。スハフ12は後年製造の車両で、幌・車掌室窓形状等が異なります。

商品情報

品番

商品名 編成 価格(税抜) 発売日
92843 再生産 
JR 12系客車(高崎車両センター)セット
 Amazon     楽天  Yahoo!
7両 14,500円 2020年3月
2020年3月20日

詳細情報

  • スハフ12新規製作
  • スハフ12の車掌室窓の形状を的確に再現
  • スハフ12のアンテナ部品付属
  • SL伴走車「オヤ12-1」もセット
  • オヤは側面窓ブラインドを下げた姿を表現
  • オヤのみJRマーク印刷済
  • 窓Hゴムは黒色表現
  • テールライトON/OFF付、LED基板装着済
  • 車番印刷済
  • スハフの車掌室側貫通幌取付済
  • スハフ12-162はダミーカプラー・ジャンパ栓装着済
  • スハフ12・オヤ12の床下エンジンは別パーツにて再現
  • スハフ12用の赤色反射板付属
  • 新集電システム、黒色車輪採用
  • 【車両】❶スハフ12-161 ❷オハ12-369 ❸オハ12-368 ❹オハ12-367 ❺オハ12-366 ❻スハフ12-162 ❼オヤ12-1
  • 【付属品】❶ランナーパーツ:赤色反射板 ❷ランナーパーツ:アンテナ ❸パーツ:ジャンパ栓 ❹パーツ:台車枠(カプラー付) ❺パーツ:治具
  • 【パッケージ形態】ブック型プラケース

TOMIX公式ページ

▶︎JR 12系客車(高崎車両センター)セット

 

最安値を探す!

created by Rinker
トミーテック(TOMYTEC)
¥11,485 (2020/03/31 07:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

【関連商品】牽引しているC61形20号機!

【TOMIX】C61形20号機 2019年12月再生産

2019.05.16

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。