【KATO】10系寝台急行「津軽」 2018年6月再生産

オロネ10(Photo by:永尾信幸 / Wikimedia)

カトーより、「10系寝台急行「津軽」」が発売されます。

おすすめポイント
 10系寝台に43系客車を連結した、懐かしい東北夜行急行をリアルかつ的確に製品化したものを再生産
 昭和46年頃の下り1号(401レ)、上り2号(404レ)をプロトタイプに再現

10系寝台急行「津軽」について

オロネ10(Photo by:永尾信幸 / Wikimedia

急行「津軽」は、上野駅 – 青森駅間を東北本線・奥羽本線経由で結ぶ夜行急行列車で、津軽地方の帰郷列車としてはもちろん、ふるさとに錦を飾る出世列車として名を馳せました。

EF57やEF58が直流区間の上野ー黒磯間の牽引を担当し、国鉄が長距離輸送を担っていた昭和40年代、上野口の名列車です。

商品情報

 

 

マニ37

マニ36

スロフ62

オロネ10

スハネ16

オハ46

オハフ33

オハ47

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-879 再生産 
10系寝台急行「津軽」
6両基本セット

 amazon     楽天
12,000円 2018年6月
10-880 再生産 
10系寝台急行「津軽」
5両増結セット

 amazon     楽天
10,000円

詳細情報

  • KATOは、スロフ62、オハ46、マニ36の3車種を新規に作成し、10系寝台に43系客車を連結した、懐かしい東北夜行急行をリアルかつ的確に製品化したものを再生産
  • 寝台急行「津軽」は、国鉄が長距離輸送を担っていた昭和40年代、上野駅を発車して東北本線・奥羽本線と北上し、秋田から列車名の由来となった青森までを走破していた名列車です。
  • 編成は、昭和46年頃の下り1号(401レ)、上り2号(404レ)をプロトタイプに再現。
  • 尾久客車区配置の10系寝台車に43系座席車、キノコ形切妻のマニ37荷物車とスロネ30改造のマニ36という当時の夜行急行列車に典型的な編成をプロトタイプに製品化
  • 新たに3形式を新規作成し、個性豊かな編成を再現。
  • 荷物車マニ36は、既存の窓見付とは違う、切妻車体を再現スロネ30を改造したタイプを選定。
  • 座席車オハ46は、窓枠がアルミサッシで、キャンバス押さえ無しの妻面と、明灰色の鋼板屋根に細かい雨樋を再現。
  • グリーン車スロフ62は、スロ62の緩急車で、車体妻面のテールライトを再現(非点灯)。
  • 車体の各種サボ類は印刷済み。行先サボは「青森」が印刷済み。「上野」行はシールが付属。
  • マニ37、マニ36は共にテールライト点灯(マニ36は消灯スイッチ付)。
  • 各車の屋根は、濃灰・明灰・グレーと塗り分けて、実車の雰囲気を再現
  • ガーランドベンチレータ別パーツ化
  • 「青森行(奥羽本線経由)」の行先サボ、種別サボ、愛称サボ、号車サボは印刷済み。マニ37には荷物サボ「北東荷203」、マニ36には荷物サボ「北東荷1」を印刷済み
  • 荷物車と編成端のオハフ33 2564 戦後形は片側のみテールライト点灯(その他は非点灯)。
  • 屋根色の違いを再現
     マニ36/マニ37/オロネ10/オハ47=濃灰色
     スロフ62/スハネ16=灰色
     オハ46/オハフ33=明灰色
  • 6両基本セット(マニ37 2018、スロフ62 2024+オロネ10 2056+スハネ16 2235、オハ46 2032+オハフ33 2564 戦後形
  • 4両増結セット(マニ36 2337、スハネ16 2155+オハ46 2014+オハ47 2322+オハ46 2029)
  • 編成両端の車両(マニ37とオハフ33の機関車寄り)はアーノルドカプラー装備(交換用ナックルカプラー付属)。その他の中間連結部はカトーカプラーNJP Bを採用
  • 7両ブックケース入(機関車+客車6両)。

KATO公式サイト

▶︎10系寝台急行「津軽」

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。