【ロクハン】(Zゲージ) C11形209号機・257号機 2019年夏頃発売

C11形蒸気機関車(Photo by: 100yen / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)

Zゲージの「(Zゲージ) C11形209号機・257号機」が、ロクハンより発売されます。

おすすめポイント
 251号機は、お召し仕様
 209号機は、北海道で活躍した2灯タイプ

C11形について

C11形蒸気機関車(Photo by: 100yen / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0

動輪3軸に先輪1軸・従輪2軸(1C2)という軸配置を持つC11は、わが国のタンク式蒸気機関車を代表する車両で、昭和7~22年(1932~1947)に381両が製造されました。国鉄時代は小形で客貨両用に使用できるために重用され、全国で活躍しました。現在でもJR北海道、JR東日本、大井川鉄道などで運転が行われており、人気を博しています。

209号機は1942年に製造され日高本線や標津線で活躍し、1975年に廃車されるまで道内で活躍した車両です。実車は現在、中標津町の丸山公園にて静態保存されています。

251号機は1943年に製造され、1971年に廃車されるまでの20年以上を津山区で過ごした車両です。1967年4月の岡山県植樹祭開催に伴い運行されたお召し列車において、非電化区間の本務機に任ぜられ、単独またはC11重連で牽引しました。この際デフレクターに大きな鳳凰の装飾があしらわれるなど、煌びやかな外観となりました。

商品情報

251号機 お召し仕様

209号機 北海道2灯タイプ

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
T019-7 NEW 
Zゲージ 国鉄C11形蒸気機関車 251号機 お召し仕様
 
 amazon     楽天  Joshin(楽天)

14,800円 2019年夏
T019-8 NEW 
Zゲージ 国鉄C11形蒸気機関車 209号機 北海道2灯タイプ 
 
 amazon     楽天  Joshin(楽天)

12,800円

詳細情報

251号機 お召し仕様

  • 前面ヘッドライト点灯。
  • ナンバープレート印刷済。
  • 既存のロクハン製C11とは取付位置の異なるメーカーズプレート及び換算両数標記のプレートも、資料を基に位置関係を再現し印刷で表現。
  • デフレクターにあしらわれた鳳凰の装飾も印刷にて表現。
  • 日章旗ポールはエッチング製(ユーザー組)。日章旗を取り付けたC11はロクハン初の製品化となります!
  • 菊花紋章はラベルにて再現(ユーザー貼付)。
  • 前部カプラーは交換式。交換により重連運転やバック運転が可能。
  • 最少通過半径はR95°。

209号機 北海道2灯タイプ

  • デフレクターに点検口が備わる以前の仕様をモデル
  • 特徴的な「カニ目」の前面ヘッドライトが点灯。
  • ナンバープレート及びメーカーズプレートは印刷済。
  • 北海道型スノープロウを新規金型で再現。
  • 回転式火の粉止めを装備。
  • デフレクターは晩年の点検口が設けられる以前のタイプ。
  • 後部は現役時代のバック運転用ライトが2つ取り付けられた姿を再現(点灯は致しません)。
  • 前部カプラーは交換式。交換により重連運転やバック運転が可能。
  • 最少通過半径は R95°。

ロクハン公式ページ

▶︎ホームページ

最安値を探す!

ロクハンのC11形シリーズ

【ロクハン】(Zゲージ) C11-254号機 2017年10月発売

2017.07.18

【ロクハン】(Zゲージ)東武鉄道 C11-207号機 SL「大樹」 2017年8月発売

2017.06.20

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。