【グリーンマックス】西武鉄道 新2000系(前期形)2019年7月発売

西武鉄道 新2000系(Photo by: 掬茶 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

GREENMAX(GM)から「西武鉄道 新2000系(前期形)」が発売されます。

おすすめポイント
 前期形の6両固定編成を初の製品化
 前期形の増結用4連を貫通窓サイズの違う2タイプで再生産

西武鉄道 新2000系(前期形)について

西武鉄道 新2000系(Photo by: 掬茶 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

西武新2000系は、2000系のモデルチェンジ車として1988年に登場した車両で、2両固定編成~8両固定編成まで様々なバリエーションがあり、2000系各グループとの併結による長編成の運用が見られます。2000系初期車との違いは、戸袋窓が復活し側面窓の天地寸法が拡大され1枚下降式となっています。前期形は当初新宿線に投入され、その後前面スカートの取付、一部車両のパンタグラフ撤去及びシングルアームパンタグラフへの交換、ベンチレータ撤去などが行なわれています。その後に製造された後期形とは、大きさの異なる側面窓が特徴です。

商品情報

6両固定編成

4両固定編成

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30835 NEW 
西武新2000系前期形
(新宿線・2051編成・ベンチレータ撤去後・シングルアームパンタ車)
6両編成セット(動力付き)

 amazon     楽天  Yahoo!

26,200円 2019年7月
30705 再生産 
西武新2000系前期形
(新宿線・2509編成・ベンチレータ撤去後)
増結4両編成セット(動力無し))

 amazon     楽天  Yahoo!

16,900円
30708 再生産 
西武新2000系前期形
(新宿線・2523編成・ベンチレータ撤去後)
増結4両編成セット(動力無し)

 amazon     楽天  Yahoo!

16,900円

詳細情報

4両固定編成

  • 前期形のうち前面貫通扉窓が拡大されたグループの6両固定編成を初製品化!
  • 前面方向幕(種別・行先)、車両番号、社紋、シンボルマーク(西武鉄道)を印刷済み
  • 前面貫通扉窓、戸袋窓、客扉窓の大きさや形状など前期形の特徴を再現
  • 避雷器、ランボードは一体彫刻表現、列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
  • 走行中はヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)が点灯(ライトスイッチ付き)
  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットにより、安定した走行が実現
  • シングルアームパンタグラフ(PT71C)搭載

6両固定編成

  • 前期形4両固定編成を動力無しの増結用編成として再生産。他の動力付き編成と組合わせて楽しめます。
  • 前面方向幕(種別・行先)、車両番号、社紋、シンボルマーク(西武鉄道)を印刷済み
  • 戸袋窓、客扉窓の大きさや形状など前期形の特徴を再現
  • 避雷器、ランボードは一体彫刻表現、列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
  • 走行中はヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)が点灯(ライトON/OFFスイッチ付き)
  • 新宿方先頭車(クモハ2500型)のパンタグラフ撤去跡を再現
  • 4両編成特有のパンタ付きモハの屋根配管を忠実に再現
  • 【2509編成】は、前面貫通扉窓が小さい初期グループの特徴を再現
  • 【2523編成】は、前面貫通扉窓が大型化されたグループの特徴を再現