【グリーンマックス】小田急電鉄3000形(3082編成・インペリアルブルー帯)2019年8月発売

小田急電鉄3000形(Photo by: Sho233531 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

GREENMAX(GM)から「小田急電鉄3000形(3082編成・インペリアルブルー帯)」が発売されます。

おすすめポイント
 8連から10連になった3000形の第2陣である3082編成を製品化
帯カラーはインペリアルブルー

小田急電鉄3000形 について

小田急電鉄3000形(Photo by: Sho233531 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

小田急3000形は、2001年度以降運用されている車両で、従来車に対して車体構造を大幅に見直し、一層のコスト削減と環境負荷の低減、バリアフリーの推進等を図る車両として登場し、年次改良を加えつつ増備が進み小田急通勤車では最大勢力になりました。当初は6両固定編成と8両固定編成で登場しましたが、2010年以降は10両編成化のための中間車のみが増備されています。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30840 NEW 
小田急3000形(3082編成・インペリアルブルー帯)
基本4両編成セット(動力付き)

 amazon     楽天  Yahoo!

21,000円 2019年9月
2019年8月下旬
30841 NEW 
小田急3000形(3082編成・インペリアルブルー帯)
増結用中間車6両セット(動力無し)

 amazon     楽天  Yahoo!

23,200円

詳細情報

  • 新造された中間車を組み込み10両編成化された3082編成を製品化します。
  • 新規製作のライトユニットを組み込み前面方向幕を点灯化
  • 種別・行先表示(フルカラーLED仕様)は新規製作の付属ステッカー選択式
  • 車両番号、ブランドマークは印刷済み
  • 優先席(車体・窓)、号車表示、弱冷房車、女性専用車、車椅子マーク、ベビーカーマークは新規製作の付属ステッカーに収録
  • 【基本セット】
    ・フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットにより、安定した走行が可能
    ・走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面方向幕(白色)が点灯
    ・列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付け、信号炎管、避雷器、ラジオアンテナは一体彫刻表現
  • 【増結セット】
    ・No.30840商品と組合わせて実車同様10両編成化するための商品
    ・ヒューズボックスはユーザー取付け、避雷器は一体彫刻表現

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。