【グリーンマックス】東急電鉄8500系(赤帯・黄色テープ)2019年9月発売

東急電鉄8500系(Photo by:はんちょく / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

GREENMAX(GM)から「東急電鉄8500系(赤帯・黄色テープ)」が発売されます。

おすすめポイント
 8500系唯一の前面・側面とも赤帯が配された編成を製品化
車端部黄色帯を印刷済み

東急電鉄8500系(赤帯・黄色テープ) について

東急電鉄8500系(Photo by:はんちょく / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

東急電鉄8500系は、地下鉄半蔵門線相互乗り入れに対応するため、8000系をベースに1975(昭和50)年に登場した車両です。2003年からは田園都市線~半蔵門線~東武スカイツリーラインへの直通運転により、東武線でも活躍しています。通常の8500系は正面のみに赤帯を配していますが、8634編成は元TOQ-BOXとして装飾されていた編成で、その装飾が撤去された後も帯は残り、唯一側面にも赤帯が配された編成となっています。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30293 NEW 
東急電鉄8500系(赤帯・黄色テープ付き)
基本6両編成セット(動力付き)

 amazon     楽天  Yahoo!

26,800円 2019年9月
30294 NEW 
東急電鉄8500系(赤帯・黄色テープ付き)
増結用中間車4両セット(動力無し)

 amazon     楽天  Yahoo!

14,100円

詳細情報

  • 8500系唯一の前面・側面とも赤帯が配された編成を製品化
  • 前面種別・行先表示・運行番号(3色LED:オレンジ色)と側面種別・行先表示(フルカラーLED:白色)の色味の違いを付属ステッカーにて表現
  • 車両番号、コーポレートマーク(社紋)は印刷済み
  • 車端部黄色帯を印刷済み
  • 前面種別・行先表示・運行番号(3色LED仕様)と側面種別・行先表示(フルカラーLED仕様)を収録した付属ステッカーを新規製作
  • 列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け、避雷器は一体彫刻表現
  • 走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
  • 動力付きは、フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載により安定した走行が可能
  • 3号車のサハ8967号車のIRアンテナは一体彫刻表現

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。