【グリーンマックス】東急電鉄1000系 池上線・東急多摩川線・目蒲線 2019年11月発売

東急電鉄1000系(Photo by:Sui-setz / Wikimedia Commons / パブリックドメイン )※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

GREENMAX(GM)から「東急電鉄1000系 池上線・東急多摩川線・目蒲線」が発売されます。

おすすめポイント
 編成の前後とも前面貫通扉が中央にある池上線向け編成を製品化
編成の前後で前面貫通扉位置が異なる目蒲線向け4両編成を製品化

東急電鉄1000系 について

東急電鉄1000系(Photo by:Sui-setz / Wikimedia Commons / パブリックドメイン )※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

東急東横線と地下鉄日比谷線乗り入れ対応車として登場した東急1000系は、基本は8両編成ながら目蒲線との共通予備車として4両編成+4両編成に分割できるグループも製造され、これらの編成は通常は東横線で4両+4両の8両編成で使用されていますが、運用の都合で4両編成ずつに分割され目蒲線で運転されることがありました。その後編成の組替が行なわれ、池上線用に3両編成が1本組成され活躍しています。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30864 NEW 
急電鉄1000系(池上線・東急多摩川線・1013編成)
3両編成セット(動力付き)

 amazon     楽天  Yahoo!

19,300円 2019年11月
30865 NEW 
東急電鉄1000系(目蒲線・1010編成)
4両編成セット(動力付き)

 amazon     楽天  Yahoo!

22,500円
30866 NEW 
東急電鉄1000系(目蒲線・1011編成)
4両編成セット(動力付き)

 amazon     楽天  Yahoo!

22,500円

詳細情報

  • 編成の前後とも前面貫通扉が中央にある池上線向け編成を製品化
  • 編成の前後で前面貫通扉位置が異なる目蒲線向け4両編成を製品化
  • 行先表示、優先席、弱冷房車、車椅子マーク、号車札、シルバーシートは付属ステッカー(新規製作)選択式
  • 行先表示・運行番号(幕仕様)、車両番号、社紋は印刷済み
  • 列車無線アンテナ、ヒューズボックス、避雷器は取付済み
  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載により安定した走行が実現
  • ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
  • 【No.30864 (池上線・東急多摩川線)3両編成セット(動力付き)仕様】 は、編成前後の先頭車前面貫通扉が中央にある1013編成を製品化
  • 【No.30865 (目黒線・1010編成)4両編成セット(動力付き)仕様】は、目黒方先頭車の貫通扉が左に、蒲田方先頭車の貫通扉が中央にある1010編成を製品化
  • 【No.30866 (目黒線・1011編成)4両編成セット(動力付き)仕様】 は、目黒方先頭車の貫通扉が中央に、蒲田方先頭車の貫通扉が左にある1011編成を製品化

GREENMAX公式サイト

商品概要

▶︎東急電鉄1000系

最安値を探す!

created by Rinker
グリーンマックス(Greenmax)
¥17,310 (2019/07/22 14:25:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
グリーンマックス(Greenmax)
¥17,300 (2019/07/22 14:25:43時点 Amazon調べ-詳細)

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。