【グリーンマックス】阪急電鉄1000系 神戸線・宝塚線 2020年3月・5月発売

阪急電鉄1000系(Photo by: JNR583 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と異なります

【2020年5月8日更新】宝塚線は、5月13日に出荷決定(店頭販売は2日〜4日後)
【2020年3月23日更新】神戸線は、3月26日に出荷決定(店頭販売は2日〜4日後)

GREENMAX(GM)から「阪急電鉄1000系 神戸線・宝塚線」が発売されます。

おすすめポイント
 緻密な実車取材を元に京都専用とは異なる車体幅やディテールを完全新規金型にて再現
阪急独特の強く光沢を持つボディを再現

阪急電鉄1000系 神戸線・宝塚線 について

阪急電鉄1000系(Photo by: JNR583 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品と異なります

阪急1000系は2013年11月から神戸線・宝塚線に投入された阪急の新型車両で、抵抗制御車の置き換えを目的に増備が続いています。アルミ車体の3扉19m車で、最新の技術を投入し従来に比べてより省エネ化を進め、また低騒音化も図るなど環境性能の更なる向上を目指しています。全編成8両編成で製造され、普通から特急まで幅広く活躍しています。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30911 NEW 
阪急1000系(1002編成・神戸線)
8両編成セット(動力付き)

 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング

36,800円 2020年春
2020年3月
2020年3月下旬
2020年3月26日出荷
(店頭販売は2日〜4日後)
30912 NEW 
阪急1000系(1001編成・宝塚線)
8両編成セット(動力付き)

 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング

36,800円 2020年春
2020年5月
2020年5月上旬
2020年5月13日出荷
(店頭販売は2日〜4日後)

詳細情報

  • 阪急神戸線/宝塚線で活躍する1000系を完全新規金型で製品化
  • 前面種別・行先表示を点灯化し、1000系対応の種別・行先表示を収録した付属ステッカーを新規製作
  • 神戸線/宝塚線とでは異なる先頭車の床下機器を作り分け
  • 車体のほか台車、床下機器も新規金型にて製作
  • 車両番号、社紋は印刷済み
  • 阪急車の特徴である窓枠・扉飾り帯は印刷により美しく再現
  • 種別・行先表示のほか優先座席、弱冷車、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカーに収録
  • 列車無線アンテナ、ヒューズボックスはお客様お取付け、避雷器は一体彫刻表現
  • 走行中はヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、通過標識灯(白色)、前面種別・行先表示(白色)が点灯  ※通過標識灯は左右独立点灯(スイッチ付き)、消灯時は白色表現
  • 室内シートはグリーン色で成形
  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
  • 1001編成と1002編成とでは異なるFOMAアンテナ(新開地・宝塚方先頭車)の配管をそれぞれ表現

わかりやすいツイート!

GREENMAX公式サイト

▶︎阪急1000系(神戸線・宝塚線)

 

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。