【グリーンマックス】近鉄12600系(新塗装)2020年7月発売

【2020年5月31日更新】2020年7月上旬に発売延期

GREENMAX(GM)から「近鉄12600系(新塗装)」が発売になります。

おすすめポイント
 12600系B更新による乗務員扉交換後の姿を新規金型で製品化
前面ヘッドマークを点灯化(白色)、表示は「名古屋」(幕仕様)を印刷済み

近鉄12600系(新塗装)について

近鉄12600系は、12410系の改良型として1982年に4両編成で製造された車両で、12000系から続く近鉄特急デザインの最後の車両となりました。1986年には12602編成が増備されましたが、パンタグラフがMc車、M車とも各1基となり、トイレ・洗面所窓が省略されています。12601編成も更新に際してパンタグラフを各2基から1基に削減し、トイレ・洗面所窓が埋められました。さらに近年の車体更新工事(B更新)では、喫煙室が設置され、乗務員扉の交換、新塗装化がおこなわれました。2編成と少数派のグループですが、上記の登場経緯の違いにより、それぞれで屋上の構成が異なるのが特徴です。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30932 NEW 
近鉄12600系(新塗装)
基本4両編成セット(動力付き)

 Amazon     楽天  Yahoo!

20,900円 2020年6月
2020年7月上旬
30933 NEW 
近鉄12600系(新塗装)
増結4両編成セット(動力無し)

 Amazon     楽天  Yahoo!

17,900円

詳細情報

  • 12600系B更新による乗務員扉交換後の姿を新規金型で製品化
  • 前面ヘッドマークを点灯化(白色)、表示は「名古屋」(幕仕様)を印刷済み
  • 車番、側面行先表示器(白地)、座席表示、号車表示器(黒地ベースのみ)は印刷済み
  • 前面ヘッドライトケース、ヘッドマーク枠、標識灯カバー、ワイパーは印刷済み
  • 列車無線アンテナ、ヒューズボックスはお客様取付け、臭気抜きは取付済み
  • 走行中はヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面ヘッドマーク(白色)、通過標識等(白色)が点灯
  • 室内シートはブルー色で成形
  • モ12650の車番により異なる屋上配管を、基本セットと増結セットでそれぞれ作りわけ
  • フライホイール付きコアレスモータ動力ユニット搭載(No.30932)

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。