【KATO】923形3000番台 ドクターイエロー 2021年8月再生産

【2021年4月2日更新】再生産が決定(2021年8月発売予定)
【2017年7月14日更新】2017年7月19日に出荷決定
【2018年7月26日更新】2018年8月2日に出荷決定
【2019年8月29日更新】2019年9月3日に出荷決定

カトーより、「923形3000番台 ドクターイエロー」が再生産となります。

おすすめポイント
 JR西日本所属の3000番台T5編成を再生産
 2号車/6号車のパンタグラフ付近に設置された「検測用投光器」を点灯式で再現

923形3000番台 ドクターイエロー について

923形3000番台(Photo by:Mitsuki-2368 / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

通称「ドクターイエロー」と呼ばれている923形3000番台 T5編成は、”東海道・山陽新幹線で、線路の保守を行なう基礎データを収集している新幹線電気軌道総合試験車で、黄色い新幹線として人気です。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-896 再生産 
923形3000番台<ドクターイエロー> 3両基本セット
 Amazon       楽天市場
11,500円 【再生産 2017年】
2017年7月19日出荷
(店頭販売は1日〜2日後)

【再生産 2018年】
2018年8月2日出荷
(店頭販売は1日〜2日後)

【再生産 2019年】
2019年9月3日出荷
(店頭販売は1日〜2日後)

【再生産 2021年】
2021年8月予定

10-897 再生産 
923形3000番台<ドクターイエロー> 4両増結セット
 Amazon       楽天市場
9,600円

詳細情報

  • 700系新幹線をベースに登場したのが923形3000番台(T5編成)は、平成17年(2005)に製造されました。月に数度、東京-博多間を往復し、電気設備や軌道設備などを検測し安全輸送を支えているます。
  • JR西日本所属の3000番台T5編成をプロトタイプに、JR東海所属のT4編成とは異なる細部(7号車アンテナの有無、ジャッキアップ用穴、屋根色等)を、的確に捉えて製品化
  • 特徴ある独特の色調の塗装を的確に再現
  • 車体の随所に配された、試験車ならではの屋根上の観測ドームや検測機器を的確に再現
  • 2号車/6号車のパンタグラフ付近に設置された「検測用投光器」を点灯式で再現
  • 通常の700系とは違う先頭車のヘッドライト/テールライトは、色調の異なる2色ヘッドライトを表現
  • 連結部には復元機能の付いた、E5系「はやぶさ」と同様の扱いやすいホロ連結器を採用
  • 側面窓は、実車の検測走行時の姿を再現するため、ロールカーテンがかかった状態を表現
  • 定評あるフライホイール搭載動力ユニットを装備
  • 3両基本セットは紙箱、4両増結セットは7両ブックケースタイプで、3両基本セットを収納可能
  • DCCフレンドリー

KATO公式サイト

▶︎923形3000番台〈ドクターイエロー〉

 

最安値を探す!

 

【関連商品】923形の他ラインナップ!

【TOMIX】923形0番台〈ドクターイエロー〉2019年7月再生産

2018年12月13日

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。