【KATO】C11形171号機+14系500番台 SL冬の湿原号 2024年11月発売

KATO カトー 10-1958 特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット

カトーより、「C11形171号機+14系500番台 SL冬の湿原号」が発売となります。

おすすめポイント
C11形は令和4年(2022)1月の全検出場後の形態で製品化
14系はリニューアル工事を受けた令和3年(2021)以降の形態を再現

C11形171号機+14系500番台 SL冬の湿原号 について

「SL冬の湿原号」は釧網本線の釧路~標茶(しべちゃ)間を結ぶ冬期限定の観光列車です。現在北海道で運行されている唯一のSL列車で、釧路湿原の大自然を間近で感じられるよう座席が窓側に向かって配置された「たんちょうカー」や車内にだるまストーブが設置された「ストーブカー」などの客車を連ねて運行されています。牽引機のC11 171はかつて標茶の公園で保存されていましたが平成10年(1998)に動態保存機として復活しました。北海道の様々なイベント列車の牽引を務め、現在は同列車専任の牽引機として活躍しています。復路ではバックで運転を行うのも特徴です。

商品情報

 

 

KATO カトー 10-1958	特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット

C11 171

KATO カトー 10-1958	特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット KATO カトー 10-1958	特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット KATO カトー 10-1958	特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット

14系500番台「SL冬の湿原号」 

KATO カトー 10-1958 特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット KATO カトー 10-1958	特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット KATO カトー 10-1958	特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット KATO カトー 10-1958	特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット KATO カトー 10-1958	特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット

特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 

KATO カトー 10-1958	特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット
品番 商品名 価格
(税込10%)
発売日
2021-1 NEW 
C11 171
 Amazon       楽天市場
14,300円 2024年11月
10-1957 NEW 
14系500番台「SL冬の湿原号」 5両セット
 Amazon       楽天市場
22,000円
10-1958 NEW 
特別企画品 C11 171+14系500番台「SL冬の湿原号」 6両セット
 Amazon       楽天市場
36,300円

詳細情報

  • 北海道で現役のSL列車がNゲージで登場です。
  • C11 171単品と客車5両セットに加えて、特別企画品として特別なデザインのスリーブに収められた機関車+客車のセットも同時に発売いたします。
  • JR北海道で活躍する車両や、他のJR線で運転されているSL列車と合わせてお楽しみいただけます
  • C11 171
    ①令和4年(2022)1月の全検出場後の形態で製品化
    ②煙突の回転式火の粉止め、キャブ下の保護柵、デッキの北海道形の誘導員手スリなど、特徴的な外観を再現
    ③車体表記(製造銘板:昭和十五年/川崎車輛/製造No.2333他)を印刷でリアルに再現。区名板は「釧」を印刷済
    ④前位側・後位側ともにスノープロウ装備
    ⑤前位側はダミーカプラー、後位側はアーノルドカプラー標準装備。交換用にナックルカプラーとバック運転用アーノルドカプラー、ナックルカプラーなどを付属
    ⑥前照灯は前位側・後位側とも点灯(電球色LED採用)
    ⑦コアレスモーター搭載動力ユニット採用で、安定した走行が可能
    ⑧「SL冬の湿原号」「SLすずらん号」のヘッドマークを付属
  • 14系500番台「SL冬の湿原号」
    ①リニューアル工事を受けた令和3年(2021)以降の形態を再現
    ②オハ14の車内に設置されただるまストーブと屋根上の煙突を再現。だるまストーブから見える火をLED点灯式で再現
    ③スハシ44は令和4年(2022)に「カフェカー」に改装された現在の形態。室内の車販カウンターとだるまストーブ(点灯式)を備えた内装を再現
    ④スハフ14は展望スペースの大窓、車体側面のルーバー、屋根上の発電エンジン取り外し用の蓋、排気煙管と排気口を再現
    ⑤スハフ14のテールライトは点灯式。テールマークは印刷で表現
    ⑥各車とも中間連結部は密自連形ボディマウントカプラー装備。スハフ14の機関車連結側はボディマウントタイプのアーノルドカプラー装備。交換用ナックルカプラー、ジャンパ栓付属
  • 特別企画品の6両セットは特製のパッケージ仕様
  • 特別企画品には茶色のリレーラーを付属
  • JR北海道商品化許諾申請中

KATO公式サイト

▶︎SL冬の湿原号

 

最安値を探す!

 

【関連商品】の他ラインナップ!

C11形325号機(Photo by: Toshinori baba / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-4.0)※画像の車両は商品とは仕様が異なることがあります

【TOMIX】東武鉄道 C11形(325号機)2024年11月発売

2024年4月11日
トラムウェイ[TW-N-C11-YA]2灯のC11(夏仕様・スノウプロウなし)

【トラムウェイ】C11形(2灯)2024年6月〜7月発売

2023年10月14日

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。

予約品ランキング(DMM通販)