【マイクロエース】JR四国 2000系 宇和海 2017年11月発売

【2017年11月9日更新】11月17日(金)問屋着予定。店頭販売は1日〜3日後。

2000系「宇和海」が、マイクロエースより発売されます。

おすすめポイント
 JR四国を代表する2000系気動車が好評につき再生産
客室扉窓が大窓の時代を再現

2000系「宇和海」について

1989年、JR四国ではTSEと呼ばれる試作車両を製造しました。TSEとは「TransShikokuExprimental(四国横断実験)」の事で、高松・岡山~高知・松山を2時間程度で連絡する車両を開発するため、曲線通過速度向上を主眼とし、世界初の制御付振り子を搭載したディーゼルカーです。この試作車をベースとして翌年から量産されたのが2000系気動車です。TSE同様の軽量ステンレス製車体が採用され、前面にはFRPによって丸みがつけられました。流線型の非貫通型と切妻の貫通型2種類の先頭車が用意され、旅客需要に応じてきめ細かな増解結が可能です。連結器は電気連結器付密着連結器に変更され、貫通先頭車の扉が開き戸に改められるなど、実用性が重視されています。車体外板にはJR四国のコーポレートカラーである水色の帯が巻かれ、前面ライト周辺には遠方からの視認性向上のため、警戒色のイエローが塗られてアクセントになりました。また、TSEでは省略されていた列車愛称表示器が装備されました。「宇和海」は松山~宇和島を結ぶ特急列車で、松山駅で岡山・高松からの特急「しおかぜ」「いしづち」と連絡し、県内各地を結ぶ役割を果たしています。半数以上の「宇和海」は下り向きにも貫通型先頭車が連結された身軽な3両編成で運転されています。

商品情報

 

 

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
A3477 再生産
2000系・特急 宇和海 3両セット

 amazon     楽天
21,600円 (目安)2017年12月頃
目安)2017年11月頃
2017年11月17日問屋着
(店頭販売は1日〜3日後)

詳細情報

  • ヘッドライト、テールライト点灯。LED使用
  • フライホイール付動力ユニット搭載
  • オールモノクラスの3両編成
  • 客室扉窓が大窓の時代を再現
  • 付属品:行先シール

MICRO ACE公式ページ

▶︎2000系「宇和海」

最安値を探す!

 

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。