【マイクロエース】西武鉄道3000系 L-train 2021年9月頃発売

西武鉄道3000系 L-train(Photo by: E56-129 (七之輔) / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります
西武鉄道3000系 L-train(Photo by: E56-129 (七之輔) / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

MICROACEから「西武鉄道3000系 L-train」が発売となります。

おすすめポイント
2010年7月から2013年12月まで運行された初代L-trainを製品化
 車体各部の球団ロゴを美しく印刷

西武鉄道3000系 L-train について

西武鉄道3000系 L-train

西武鉄道3000系 L-trainPhoto by: E56-129 (七之輔) / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

西武鉄道では池袋線の新型車両として3000系を1983年に投入しました。当時新宿線に投入されていた4扉車2000系同様に主回路に界磁チョッパ制御を採用し、回生ブレーキが使用可能になった点が大きな特徴です。車体は新101系をベースとした普通鋼製20m級3扉で、側面窓が2連1ユニット化された点や前面ブラックフェイス部分中央の柱が無くなった点、前面に車両番号が表記されるようになった点などの相違があります。また、西武鉄道では初めて側面に行先表示器が設置されたのも特徴です。西武鉄道では2010年7月10日より3000系のうち1編成に特別な装飾を施し、ライオンズトレインとして運転を開始しました。これは沿線に本拠地を持つ埼玉西武ライオンズのチームカラーであるレジェンド・ブルーに塗装した車両にライオンズロゴを施すことで、より一層愛される鉄道、球団を目指して、こどもたちをはじめ、沿線の皆さまとの一体感を高めることを目的としたものです。のちに一般公募により「L-train(エルトレイン)」として名付けられたその車体にはボールをモチーフとした号車表示、ユニホームに使用されるフォントを使用した数字表記など、細部まで意匠を凝らしたデザインで多くのファンに親しまれましたが、2013年12月に惜しまれながら引退しました。

商品情報

 

 

MICROACE マイクエロエース 西武鉄道3000系 L-train MICROACE マイクエロエース 西武鉄道3000系 L-train
品番 商品名 価格
(税込10%)
発売日
A7696 NEW
西武鉄道3000系 L-train 8両セット
 Amazon       楽天市場
 38,520円 (当初予定)2021年9月頃

詳細情報

  • ヘッドライト、テールライト、急行灯、前面表示器点灯
  • フライホイール付動力ユニット搭載
  • レジェンドブルーの初代L-trainを再現
  • 2010年7月から2013年12月まで運行された初代L-trainを製品化
  • 車体各部の球団ロゴを美しく印刷
  • 屋根・床下など「所澤車輛工場製の車両」の特徴を再現
  • 【付属品】行先シール

MICRO ACE公式サイト

▶︎西武鉄道3000系 L-train

 

最安値を探す!

 

【関連商品】西武鉄道の他ランナップ!

KATO[10-1400,10-1401,10-1402]西武40000系

【KATO】西武鉄道40000系 2021年7月再生産

2021年3月5日
マイクロエース microace a9957 西武鉄道 トム301 バラスト輸送用貨車新塗装 7両セット

【マイクロエース】西武鉄道 トム301 バラスト輸送用貨車(新塗装)2021年7月頃発売

2021年2月12日

【マイクロエース】西武鉄道 E31型(晩年)2021年7月頃発売

2021年2月12日

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。