【KATO】313系1700番台(飯田線)2019年2月再生産

313系1700番台(Photo by: e3uematsu / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0-migrated)※画像の車両は商品とは仕様が異なります

【2019年2月7日更新】2月13日に発売決定

カトーより、「313系1700番台(飯田線)」が再生産されます。

おすすめポイント
 飯田線を中心にJR東海各線で活躍する3両編成の1700番台、神領車両区所属のB152編成を製品化
 1700番台の大きな特徴である、クモハ313への2個パンタグラフ装備を再現

313系について

313系1700番台(Photo by: e3uematsu / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0-migrated)※画像の車両は商品とは仕様が異なります

313系は平成11年(1999)に登場し、使用線区にあわせた仕様でバリエーション豊かな車種構成で、JR東海の通勤近郊形の顔となっています。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-1287 再生産 
313系1700番台(飯田線) 3両セット
 amazon     楽天  Joshin(楽天)
12,000円 2019年2月
2019年2月13日

詳細情報

  • 313系の新しいバリエーション展開。飯田線を中心にJR東海各線で活躍する3両編成の1700番台、神領車両区所属のB152編成を製品化。
  • 1700番台の大きな特徴である、クモハ313への2個パンタグラフ装備、それに伴う先頭部屋根の絶縁塗装も的確に再現。
  • 前面および側面行先表示は「普通 天竜峡」を印刷済。前面の交換用に「普通 松本」が付属。寒冷地仕様の客扉半自動ドアスイッチも再現。
  • 先頭台車には、スノープロウを新たに装備。中間車のモハ313も1700番台の発電ブレーキ・コンプレッサーを装備した床下機器を新規に製作。
  • 定評あるフライホイール付動力ユニットを搭載し安定走行を実現。313系他番台との併結運転を考慮し、トラクションタイヤは未装備。
  • 先頭部は、伸縮密連カプラーで他の313系とも併結が可能。中間部はボディーマウント式のKATO伸縮密連カプラーを標準装備。

KATO公式サイト

▶︎313系

最安値を探す!

パンタグラフを2基搭載した3000番台を新たに製品化

【KATO】313系3000番台 2018年10月発売

2018.06.12

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。