【グリーンマックス】205系5000番代 武蔵野線(M30編成)2021年3月発売

GREENMAX グリーンマックス 30848 JR205系5000番代(武蔵野線・M30編成) 8両編成セット(動力付き)

【2021年3月5日更新】2021年3月10日に出荷決定(店頭販売は2日〜4日後)

GREENMAX(GM)から「205系5000番代 武蔵野線(M30編成)」が発売になります。

おすすめポイント
 武蔵野線で活躍していた205系5000番代のM30編成を製品化
 モハ204の床下機器はSIV付きとMG付きの違いを再現

205系5000番代 武蔵野線(M30編成)について

205系は国鉄時代の1985年(昭和60年)に登場した20m4扉ステンレス車体、回生ブレーキ付き界磁添加励磁制御を採用した新世代型の軽量・省エネ車両です。山手線の103系置き換え用に導入された後、首都圏各線に投入が拡大され国鉄分割民営化後もJR東日本、JR西日本で増備が続きました。5000番代車は、山手線用205系の各地への転属にあたり電動車を確保する目的と、武蔵野線と直通乗入している京葉線の急勾配区間に対応するため、制御装置・動力装置をVVVFインバータ制御装置に換装して強力化された車両で、電動車のみ5000番代を付されています。

商品情報

GREENMAX グリーンマックス 30848 JR205系5000番代(武蔵野線・M30編成) 8両編成セット(動力付き) GREENMAX グリーンマックス 30848 JR205系5000番代(武蔵野線・M30編成) 8両編成セット(動力付き)
品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30848 NEW 
JR205系5000番代(武蔵野線・M30編成)
8両編成セット(動力付き)

 Amazon       楽天市場
35,900円 2021年3月上旬
2021年3月10日出荷
(店頭販売は2日〜4日後)

詳細情報

  • 武蔵野線で活躍していた205系5000番代のM30編成を製品化
  • 台車は実車と同じ形状のDT50D(モハ)、TR235D(クハ・サハ)を採用
  • モハ204の床下機器はSIV付きとMG付きの違いを再現
  • 行先・運行番号表示は点灯式
  • 車両番号、JRマーク、ATS表記、エンド表記、所属・定員表記は印刷済み
  • 種別・行先表示(前面・側面)、運行番号、号車番号、弱冷房車は付属ステッカーからの選択式
  • 前面行先表示は3LED仕様をステッカー選択式で表現
  • ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面方向幕(白色)が点灯
  • 列車無線アンテナ・信号炎管・避雷器、前面ジャンパ栓収めはユーザー取付け
  • パンタグラフは「PS21」を取付け
  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットにより、安定した走行が可能

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。