【KATO】しなの鉄道115系(しなの鉄道色)2019年8月発売

しなの鉄道115系 しなの鉄道色(Photo by: toshinori baba / Wikimedia Commons / パブリックドメイン)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

【2019年8月22日更新】8月27日に発売決定

カトーより、「しなの鉄道115系(しなの鉄道色)」が発売されます。

おすすめポイント
 S13編成の、平成31年(2019)の現行の仕様を再現
 ニューアル車の特徴である側面のMG用ルーバーが閉塞された姿を再現

しなの鉄道115系(しなの鉄道色)について

しなの鉄道115系 しなの鉄道色(Photo by: toshinori baba / Wikimedia Commons / パブリックドメイン)※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

平成9年(1997)北陸新幹線長野駅開業に伴い、並行する旧信越本線のうちの軽井沢~篠ノ井間(しなの鉄道線)が第3セクター方式に移管する形で開業したのがしなの鉄道です。その後の北陸新幹線金沢駅開業で長野以北の長野~妙高高原間(北しなの線)が平成27年(2015)に開業しました。現在主力車両として活躍する115系は赤とグレーを基調としたしなの鉄道のオリジナルカラーのほかに、往年の湘南色や横須賀色をまとった車両もいます。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-1571 NEW 
しなの鉄道115系 3両セット
 amazon     楽天  Yahoo!
11,700円 2019年8月
2019年8月27日

詳細情報

  • S13編成の、平成31年(2019)の現行の仕様がプロトタイプ。
  • モハ114はシングルアームパンタグラフ装備。リニューアル車の特徴である側面のMG用ルーバーが閉塞された姿を再現。
  • モハ114床下の補助電源装置MGがSIV化され、コンプレッサーが更新された形態を再現。
  • 信州名産のリンゴをイメージした赤をベースに、グレーと白帯の入った独特のカラーリングを的確に美・しく再現。スカートはボディと同様の赤色で再現。
  • 車体側面のスピーカーは印刷で表現。
  • クモハ115、クハ115の運転席側前面貫通扉のホロ枠は車体色と同じ赤色で再現。着脱可能な前面ホロが付属。
  • 屋根上のベンチレーター、クーラーは別パーツで再現。アンテナ、避雷器、ヒューズ箱取付済。
  • 車内の椅子は青色で再現。
  • 各部のHゴムは黒色で再現。前面ガラスの縦桟とワイパーは銀色で再現。
  • フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。併結運転を考慮し、トラクションタイヤは無し。
  • ヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。
  • カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密連カプラー採用。先頭車先頭部に取付可能な胴受が付属。
  • 行先表示は前面「普通 ワンマン」取付済、側面「ワンマン 長野」印刷済。交換用の前面表示(無地)と行先表示シール付属。
  • DCCフレンドリー。

試作品情報

KATO公式サイト

▶︎しなの鉄道115系

最安値を探す!

created by Rinker
カトー(KATO)
¥9,340 (2019/09/16 17:29:35時点 Amazon調べ-詳細)

湘南色・横須賀色も同時期に発売!

【KATO】しなの鉄道115系(湘南色・横須賀色)2019年8月発売

2019.04.12

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。