【KATO】ED75形1000番台(前期形)2020年2月再生産

【2020年2月13日更新】2月18日に発売決定
【2020年1月17日更新】2020年2月に発売延期

カトーより、「ED75形1000番台(前期形)」が発売されます。

おすすめポイント
 1000番台でも、前期形と呼ばれる1001~1014号機をプロトタイプ
 昭和50年代の国鉄 青森機関区の所属機を再現

ED75形1000番台(前期形)について

ED75は、国鉄の標準形交流電気機関車として昭和38年(1963)に登場し、D形ながらF形直流電気機関車に匹敵する牽引力を発揮し、各地の交流電化区間でブルートレインから普通列車、貨物列車まで幅広く牽引し活躍しました。その中でも1000番台は、主に東北本線・常磐線で20系特急寝台客車や10000系コンテナの高速貨物列車を牽引する高速タイプとして39両が量産され活躍しました。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
3075-1 再生産 
ED75 1000 前期形 
 amazon     楽天  Yahoo!
6,800円 2020年1月
2020年2月
2020年2月18日

詳細情報

  • オールリニューアルの新製品。 足回りの動力からボディーまで、従来のED75をさらに進化させ、新規製作で製品化。
  • D形のコンパクトな車体ながら、直流F形機に匹敵するパワフルな牽引力を、新規のフライホイール付き動力ユニットで実車同様に再現。
  • 1000番台でも、前期形と呼ばれる1001~1014号機をプロトタイプに、昭和50年代の国鉄 青森機関区の所属機を再現。
  • 走る変電所と称される交流電気機関車ならではの屋根上配線を、金属線を多用し再現。 屋根上碍子はオリジナルの白で再現。
  • 幅広の前面ステップに、内バメ式テールライト、前面通風口、切り抜き文字ナンバーを再現。 誘導員手すり/解放てこも別パーツ化
  • 1000番台の特徴である賑やかなスカート周りのジャンパ栓も再現。 別パーツのジャンパ栓が付属。
  • 前面窓ガラス/側面明かり窓のHゴムはグレーで設定。 デフロスター(曇り止め)装備の前面窓、乗務員室側窓はオリジナルで再現。
  • 選択式ナンバープレートは1004・1008・1011・1014 。 メーカーズプレートは「日立」「東芝」が付属。
  • クイックヘッドマークは「ゆうづる」「あけぼの」の2種が付属。
  • コンパクトな車体ながら、フライホイール搭載の動力ユニットで、安定した走行と牽引力を発揮。
  • 急行「八甲田」「津軽」はもちろんのこと、20系寝台特急「ゆうづる」「あけぼの」などの寝台特急フル編成(室内灯付)も余裕で牽引。
  • カプラーは、アーノルドカプラー標準装備。 交換用にKATOナックルカプラーが付属。

KATO公式サイト

▶︎ED75 1000 前期形

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。

 

今週の主な鉄道イベント情報(鉄道コムにリンク)
10日(金) 阪急 神戸線・伊丹線100周年記念ヘッドマーク 掲出
阪急 神戸線・伊丹線100周年記念缶バッジなど 販売
11日(土) 京成 成田空港駅 ホームドア 運用
碓氷峠鉄道文化むら EF63・189系 お披露目セレモニー
12日(日) 飯田橋駅 新ホーム・新西口駅舎 供用
13日(月) なし
14日(火) 西武 東村山駅 発車メロディー 変更
15日(水) なし
16日(木) あきたホリデーパス 発売
17日(金) なし
18日(土) 特急 フラノラベンダーエクスプレス 運転
しなの鉄道 115系部品解体体験会
真岡鐵道 SLもおか 運転再開
2000系 土讃線アンパンマン列車 定期運転終了
19日(日) 小田急・京王 新宿駅東口通過ルート 変更
20日(月) JR東 50%割引企画乗車券 発売
京急 平日ダイヤ一部変更・快特増結
21日(火) 西武 Laviewスタジアムエクスプレス 運転
22日(水) JR東 駅スタンプラリー 開催
23日(木・祝) 小田急 特急おかえり登山電車号 運転
横浜市 連節バス BAYSIDE BLUE 運行
相鉄 夏のそうにゃんスタンプラリー
箱根登山鉄道 箱根湯本~強羅間 運転再開
近江鉄道 300形 試乗会
静岡鉄道・大井川鐵道 長沼車庫・新金谷整備工場(ツアー)
パンダくろしお サステナブルSmileトレイン 運転