【KATO】東武鉄道8000系(更新車)2020年12月発売

東武鉄道8000系更新車(Photo by:Sui-setz / Wikimedia Commons / パブリックドメイン )※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

カトーより、「東武鉄道8000系(更新車)」が発売となります。

おすすめポイント
 平成20年(2008)前後の、南栗橋車両管区春日部支所所属の2次車(修繕工事施工車)を再現
 基本セットは10両ブックケース入

東武鉄道8000系(更新車)について

東武鉄道8000系更新車(Photo by:Sui-setz / Wikimedia Commons / パブリックドメイン )※画像の車両は商品と仕様が異なる場合があります

8000系はそれまで同路線で運用されていた通勤電車のサービス向上を目的として登場した車両です。昭和38~58年(1963~1983)にかけて私鉄では最多となる計712両が製造された車両で、製造年次による形態差に加え、後年の冷房改造・修繕工事を経て数多くのバリエーションが存在します。非電化路線・貨物線を除く東武線の全線にわたり2・4・6・8両固定編成を組み合わせた2~10両編成の多彩な編成での活躍が見られました。現在も一部の路線で活躍が続いています。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-1647 NEW 
東武鉄道8000系(更新車) 4両基本セット
 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング
17,000円 2020年12月
10-1648 NEW 
東武鉄道8000系(更新車) 4両増結セット
 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング
12,200円
10-1649 NEW 
東武鉄道8000系(更新車) 先頭車2両増結セット
 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング
7,000円

詳細情報

  • 平成20年(2008)前後の、南栗橋車両管区春日部支所所属の2次車(修繕工事施工車)がプロトタイプ。平成7年度(1995)前後に修繕工事が施工されたグループで、原形とは大きく異なる前面スタイルが特徴。旧来の社紋入りの平成20年(2008)前後の姿で製品化
  • 修繕工事が施工された2次車の特徴を再現。→側窓Rなし、FS356/FS056形台車装備、C-2000形コンプレッサー装備(8639はHB-2000CA形)、冷房改造車、更新顔(シールドビーム前照灯・幕表示)、スカート付、乗務員扉下部の手掛けあり、屋根上通風器あり
  • ジャスミンホワイトにロイヤルブルーとリフレッシュブルーの帯を巻いた外観を美しく表現
  • 8400形、8600形は前面ホロ取付済
  • 8100形前面のジャンパ栓、ホースは別パーツで再現
  • 各セットの組み合わせで4~10両の編成パターンが再現可能
  • フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能
  • 先頭車は各車両ともヘッド/テールライト、前面表示点灯(消灯スイッチ付)。ヘッドライトは電球色、前面表示は白色に点灯
  • カプラーは各車ともフックなしのボディマウント密自連形カプラー採用
  • 基本セットは10両ブックケース入。4両増結セット、先頭車2両増結セットの車両を収納可能
  • ホビーセンターカトーの「品番28-242-1 東武鉄道8000系 グレードアップシール1(更新車・幕式表示)」を用いることで、車番を変えて東上線や野田線で見られた編成を再現可能
  • DCCフレンドリー

試作品情報

KATO公式サイト

▶︎東武鉄道8000系(更新車)

 

最安値を探す!

 

【関連商品】KATOの東武車両!

【KATO】東武鉄道50070型 東上線 2020年3月発売

2019.11.12

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。