【マイクロエース】西武鉄道4000系〈52席の至福〉2020年3月発売

西武鉄道4000系 52席の至福(Photo by: Cheng-en Cheng / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-2.0)※画像の車両は商品とは仕様が異なります

MICROACEから「西武鉄道4000系〈52席の至福〉」が発売となります。

おすすめポイント
西武鉄道のレストラン列車「52席の至福」を製品化
 トイレ窓が埋められたクハ4010側面、全車座席パーツ、モハ4110、クハ4010の床下を新規作成

西武鉄道4000系〈52席の至福〉について

西武鉄道4000系 52席の至福Photo by: Cheng-en Cheng / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-2.0)※画像の車両は商品とは仕様が異なります

西武鉄道では1988年、秩父線の飯能~西武秩父間の輸送改善および秩父鉄道線への直通運転用として4000系を登場させました。車体色は白色を基本に赤・青・緑の帯を腰部に巻いた「ライオンズカラー」で、台車・制御器・電気機器類は当時廃車された車両のものを活用する形で4両編成12本が1992年までに順次製造されました。先頭車のうち奇数号車にはトイレ・自動販売機が設置されています。2002年にはワンマン対応工事が行われ、運転台機器の一部交換、放送設備の変更、車端部座席配置の変更(ロングシート化)、自動販売機の撤去などが行われました。「西武旅するレストラン“52席の至福”」は2016年より運行されている観光列車です。4000系を改造し全52席がレストランとなっています。各車ごとそれぞれ秩父地方の四季をイメージしたラッピングが施されています。

商品情報

 

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
A7394 NEW
西武4000系「52席の至福」4両セット
 Amazon     楽天  Yahoo!
 25,200円 (目安)2020年3月

詳細情報

  • 西武鉄道のレストラン列車をNゲージ化
  • ブルーのベースカラーにカラフルなイラストをラッピング
  • ボディのイラストを美しく印刷
  • モハ4109、クハ4010のテーブルライト点灯
  • トイレ窓が埋められたクハ4010側面、全車座席パーツ、モハ4110、クハ4010の床下を新規作成
  • 前面行先表示印刷済
  • 1号車(クハ4009):「春:芝桜、長瀞の桜」
  • 2号車(モハ4109):「夏:秩父の山の緑」
  • 3号車(モハ4110):「秋:秩父連山の紅葉」
  • 4号車(クハ4010):「冬:あしがくぼの氷柱」
  • 【付属品】なし

MICRO ACE公式サイト

▶︎西武4000系「52席の至福」4両セット

最安値を探す!

created by Rinker
マイクロエース(MICRO ACE)
¥20,810 (2019/12/10 04:44:51時点 Amazon調べ-詳細)

【関連商品】 マイクロエースからレッドアローも製品化予定!

【マイクロエース】西武鉄道10000系(レッドアロー・クラシック)2020年1月発売

2019.09.05

【マイクロエース】西武鉄道10000系 レッドアロー(VVVF編成)2020年1月発売

2019.09.05

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。