【グリーンマックス】東武鉄道634型〈スカイツリートレイン〉2020年7月再生産

東武鉄道634型 スカイツリートレイン(Photo by: Ohtsuka Makoto / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品とは仕様が異なります

【2020年7月2日更新】7月9日に出荷決定(店頭販売は2日〜4日後)
【2020年5月31日更新】2020年7月上旬に発売延期
【2020年2月7日更新】2020年5月に再生産決定
【2019年5月14日更新】5月18日に出荷決定(店頭販売は3日〜5日後)

GREENMAX(GM)から「東武鉄道634型 スカイツリートレイン」が再生産されます。

おすすめポイント
 2017年3月発売された634型を再生産
 車内は観光列車に相応しいインテリアを再現(但し、動力付き車両を除く)

東武鉄道634型「スカイツリートレイン」について

東武鉄道634型 スカイツリートレイン(Photo by: Ohtsuka Makoto / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0)※画像の車両は商品とは仕様が異なります

東武634型は、2012年10月に6050系をリニューアルし展望列車「スカイツリートレイン」としてデビューしました。沿線の風景を堪能できるよう、座席を高床とし、屋根から回り込む天窓のような展望窓を設け、車内にはフリースペースとして前面展望が可能な「前面展望スペース」や「サロン」が設置されています。外観はそれぞれ白地に青空をイメージしたデザインの2両編成と朝焼けをイメージしたデザインの2両編成があり、通常4両編成で土休日は観光列車として、平日はイベント列車として運用されます。

商品情報

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
30605 再生産 
東武634型(スカイツリートレイン)
4両編成セット(動力付き)

 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング

22,000円 【再生産 2019年】
2019年5月18日出荷
(店頭販売は3日〜5日後)

【再生産 2020年】
2020年7月9日出荷
(店頭販売は2日〜4日後)

詳細情報

  • 2017年3月発売商品の再生産
  • 展望窓付きの車体を製作、車内は観光列車に相応しいインテリアを再現(但し、動力付き車両を除く)
  • 車体には青空と朝焼けをイメージしたラッピングを印刷により正確に再現
  • 車両番号、TOBUロゴは印刷済み
  • 走行中はヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)が点灯
  • 室内シートはモハはブルー色、クハはエンジ色で成形、動力車は背もたれのみ表現
  • 種別・行先は別売の専用ステッカー(GM:No.8720)から選択する仕様
  • フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

わかりやすいツイート!

GREENMAX公式サイト

▶︎東武634型(スカイツリートレイン)

 

最安値を探す!

created by Rinker
グリーンマックス(Greenmax)
¥17,424 (2020/08/14 09:38:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【関連商品】 東武500系が製品化!

【ポポンデッタ】東武鉄道500系 リバティ 2020年9月発売

2019.08.24

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。