【KATO】681系 サンダーバード 2020年7月再生産

【2020年6月18日更新】2020年7月に発売延期

カトーより、「681系 サンダーバード」が再生産となります。

おすすめポイント
 681系〈サンダーバード〉の量産形をプロトタイプに、独特な貫通/非貫通先頭部形状を的確に再現
 実車どおりの6両基本編成と3両増結編成を商品化

681系 サンダーバード について

681系は、大阪と北陸を結ぶ駿足の特急形交直流電車として、平成7年(1995)に〈サンダーバード(スーパー雷鳥)〉で営業運転を始めました。JR西日本としては初の新製特急形電車で、ユニークなスタイリング、非貫通形と貫通形のふたつの顔を持つ編成など、個性的な特徴をいくつも備えています。683系との併結も可能で、6両編成+3両編成+3両編成の最大12両編成の特急「サンダーバード」として関西~北陸を結んで活躍中です。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-345 再生産 
681系サンダーバード6両基本セット
 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング
15,500円 2020年6月
2020年7月
10-326 再生産 
681系サンダーバード3両増結セット
 Amazon     楽天市場  Yahooショッピング
7,900円

詳細情報

  • 681系〈サンダーバード〉の量産形をプロトタイプに、独特な貫通/非貫通先頭部形状を的確に再現。
  • オフホワイトを基調に、側窓まわりをミディアムグレー、窓下にブルーのラインを配した爽やかな車体塗色を美しく再現。
  • 車体側面に表記されたサンダーバードエンブレムを、美しく表現。
  • 実車どおりの6両基本編成と3両増結編成を商品化。
  • 避雷器やアンテナ類をはじめとする屋根上機器を別付パーツとして的確に再現。
  • 先頭車用付属部品のホイッスルをホイッスルカバーに変更。
  • ヘッド/テールライト点灯(電球色LED採用)。クモハ681は消灯スイッチ付。
  • カプラーは台車マウントのKATOカプラー密連形(フック付)を採用。
  • クモハ681、クハ680の貫通先頭部はKATOカプラー伸縮密連形装備。先頭車どうしの連結をリアルに再現。
  • 安定した走行に定評ある動力ユニットを採用。
  • 【2020年再生産分の変更内容(予定)】
    ・一部車両の使用車輪の変更 <従来の仕様>プレート車輪 → <今回の仕様>ディスク車輪
    ・当該車両 モハ681及びクモハ681
    ・変更内容 「681系「しらさぎ」(#10-1313/1314)」で使用しております、「ディスクブレーキを表現した車輪(ディスク車輪)」を今回出荷分より採用します。より実車に近いリアルな外観となります。

KATO公式サイト

▶︎681系「サンダーバード」

 

最安値を探す!

 

【関連商品】KATOの681系!

【KATO】681系 しらさぎ 2018年9月再生産

2018.05.18

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。