【マイクロエース】ED18形2号機(リニア•鉄道館保存機)2024年7月発売

マイクロエース[A3805]ED18-2 リニア•鉄道館保存機
試作品 静岡ホビーショー2024にて(2024年5月8日撮影)

【2024年7月5日更新】2024年7月11日に出荷決定(7月12日問屋着)

MICROACEから「ED18形2号機(リニア•鉄道館保存機)」が発売となります。

おすすめポイント
ED18型2号機の特徴である側面のベンチレーターが3段のボディ
飯田線で活躍した人気者がリニア・鉄道館に収蔵された後の姿

ED18形2号機(リニア•鉄道館保存機)について

ED18形2号機(Photo by: Rsa / Wikimedia  Commons / CC-BY-SA-3.0-migrated-with-disclaimers)※画像の車両は商品とは仕様が異なる場合があります

ED18形2号機(Photo by: Rsa / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0-migrated-with-disclaimers)※画像の車両は商品とは仕様が異なる場合があります

日本の鉄道の電化は明治時代後半から市内電車を中心に徐々に進行しており、1922年から東海道本線の電化に際して4種類の電気機関車を各国より輸入、当時の電車区間だった中央線、山手線、京浜線で比較試験後の1923年に導入されたのが17台の1040形と9台の6000形です。両者の外見上の差は殆ど無く、性能と仕様が若干異なる程度でした。1928年の称号改正に伴いED50~ED52と改称された後、1930年から順次中央東線用に歯数比を山岳路線向けに変更してED17、ED18(初代)となりました。舶来品ゆえの部品供給や故障にも悩まされましたが、戦後の装備改装に伴う電気部 品の国産化の後は信頼性も向上し、製造所のイングリッシュ・エレクトリック社ディッカー工場に因み「デッカー」と呼ばれて親しまれました。装備改装によって1台を除いてED18はED17に統合されましたが、飯田線転用に際して軸重制限の厳しい北部で運用するグループには動力台車中央に走軸を増設、あらたにED18(2代目)を名乗りました。ED18-2号機は1979年まで活躍後、国鉄民営化後の1992年に動態復活してイベント等で人気を博しましたが、2005年に引退して現在は「リニア・鉄道館」で静態保存されています。

商品情報

 

 

マイクロエース[A3805]ED18-2 リニア•鉄道館保存機 マイクロエース[A3805]ED18-2 リニア•鉄道館保存機
品番 商品名 価格
(税込10%)
発売日
A3805 NEW
ED18-2 リニア・鉄道館保存機
 Amazon       楽天市場
12,980円 (目安)2024年8月頃
2024年7月期
2024年7月11日出荷
(店頭販売は2日〜3日後)

※マイクロエース製品は、発売月が前後することがたびたびあります。記載の発売日は確定するまでは、あくまで目安です。

詳細情報

  • 多くのご要望にお応えし、英国電気、デッカー工場生まれの名機が再登場!
  • ED18型2号機の特徴である側面のベンチレーターが3段のボディ
  • 飯田線で活躍した人気者がリニア・鉄道館に収蔵された後の姿
  • 車体色はぶどう色2号、屋上は黒色
  • 【付属品】なし
  • 【著作権・許諾承認】JR東海承認済

試作品情報

マイクロエース[A3805]ED18-2 リニア•鉄道館保存機

試作品 静岡ホビーショー2024にて(2024年5月8日撮影)

マイクロエース[A3805]ED18-2 リニア•鉄道館保存機

試作品 静岡ホビーショー2024にて(2024年5月8日撮影)

MICRO ACE公式サイト

▶︎ED18-2 リニア・鉄道館保存機

 

最安値を探す!

 

【関連商品】トラ90000形(名古屋車両区)も同時期に製品化!

MICROACE マイクロエース A1476 トラ90000 トロッコ列車 名古屋車両区 3両セット

【マイクロエース】トラ90000形(トロッコ列車•名古屋車両区)2024年8月期発売

2024年2月20日

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。

予約品ランキング(DMM通販)