【KATO】京急電鉄2100形 2018年2月再生産

京急2100形(Photo by:LERK)

【2018年2月8日更新】2月16日に発売決定

KATOより、「京急電鉄2100形」が発売されます。

おすすめポイント
 2100形の機器更新前でシーメンス社製制御機器を搭載している形態を製品化。
2141編成を製品化。行先表示は前面「快特・三崎口」、側面「快特 三崎口」を印刷済。

京急電鉄2100形について

京急2100形(Photo by:LERK

京急2100形は、主に京急本線・久里浜線を運行する2000形の後継車として、1998年3月28日に営業運転を開始した2扉転換クロスシートの優等列車用の看板車両です。

快特、ウイング号の運用を中心に活躍しています。

車体はアルミのボディに赤と窓回りのアイボリーに塗装され、固定式の側窓は天地寸法が950mmと大きく、外板とのフラット化が図られています。

先頭車正面窓下のワイパーカバーにはスリット状の抜き打ち文字で形式名が表現されていることも大きな特徴です。

また、発車時の制御音が音階に聞こえるシーメンス社製の機器を搭載しており(現在は更新により換装されています)、鉄道ファンの間では「ドレミファインバータ」や「歌う車両」として関東では特に人気の高い車両です。

商品情報

 

 

品番 商品名 価格(税抜) 発売日
10-1307 再生産 
京急2100形 基本セット(4両)
 amazon     楽天
12,500円 2018年2月
2018年2月中旬
2018年2月16日
10-1308 京急2100形 増結セット(4両)
 amazon     楽天
9,600円 販売中

詳細情報

  • 京急本線・久里浜線で活躍する2扉転換クロスシートの優等列車、京急電鉄のフラッグシップ車両2100形を製品化。
  • 初心者にもお求めやすい、基本4両/増結4両セットのベストセレクション製品として発売。
  • 4両セット(基本・増結)は、2141編成を製品化。行先表示は前面「快特・三崎口」、側面「快特 三崎口」を印刷済。交換用として「快特・品川方面泉岳寺」の前面行先表示が付属。
  • ヘッド/テールライト、標識灯、前面表示点灯。
  • 定評あるフライホイール搭載動力ユニットを装備。スムーズでパワフルな走行を実現。
  • 中間連結部は、ボデイマウント式KATO伸縮密連カプラーを標準装備。実感的な連結面間とスムーズな走行を実現。
  • 前面ワイパーカバーの形式名の表現を含め京急2100形の特徴を余すことなく製品化いたします。
  • 製品は機器更新前の、シーメンス社製制御機器を搭載している形態がプロトタイプ。
  • パッケージは、基本セットが発泡中敷+化粧紙箱。4両増結セットは8両ブックケースで、基本/増結セットを収納。

購入者のベストツイート

KATO公式サイト

京急2100形

最安値を探す!

価格、商品内容につきましては、ご購入時に改めてご確認ください。